Main | January 2005 »

北帰省

実家。よって実家PC。なぜか父親は壁紙をまめに替える。。。

気が緩んだのか、昼寝が大爆睡に。夢までみた。なんで昼間みる夢はイヤーな夢ばかりなんだろう。

年賀状作成は続く。実家のプリンターはEpson。自分のはCanonだから、色目は良くなるかな。個人的には「スピードのCanon」が好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嫌い嫌い年賀状!

年賀状作成の時は結婚して子供でもいれば、楽だろうなぁ、と思う。

あと、背中にサロンパスを貼る時は、独り暮らしは辛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年賀状作成

hontowanacchi宛名から作る。名簿から喪中の方を除き、印刷するだけ。それで半分終わった気になる。実際はそこからが長いんだけど。
あやや、ゴマキ、ミキティが並ぶと、絶対元々のキャスティングはなっちだったんだろうなぁ、とツッコミたくなる、ていうか間違いない
年賀状作成休憩中。
年賀状を書かないと完全音信不通になる親族が発生するだろうから、そのためだな。存外、親族ほど素っ気ない内容になるものだが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウチの留守電

ウチの留守電にはすごいメッセージが残される。
「中島さん(仮名)、吉田(仮名)です。高橋さん(仮名)が亡くなりました。昨日の夜8時半。それで、告別式があさってなんです、ええ、いや、明日がお通夜で、あさってが告別式です。また詳しいことが聞きたかったら、お電話ください・・・。」
無論、私は中島(仮名)ではない。
ついでに言うと、私の留守電の応答は機械女の声ではない。私の自声である。7年前の若い声だが。。。

韓国語のメッセージ(おそらく内容は「お礼」)もあったし、保険料振り込み催促(オレオレ詐欺?)もあった。留守電ではないが、保育士の試験問題がFAXされていたこともある。

この番号を使っていた人って?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

闘病?

うつである。あまり自覚はないが、通院し、薬を処方してもらい、カウンセリングを受けている。だから、立派なうつ、なのだろう。
久々にうつ関係のサイトを見たが、うつには、闘病という言葉は似合わない。ものすごい違和感を感じる。病には違いないが、闘う相手か?もがき苦しみの対象か?克服すべき何かか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BIG ECHOのポイントカード

最初に言っておくと、歌うことが大好きである。すなわち、カラオケが大好きである。よってBIG ECHOが大好きである。
2日前、BIG ECHOの某店に行った際、会計時にポイントカードをもらい忘れた。先方が返し忘れたというべきかもしれないが、ヨドバシカメラの次くらいに大事にしているポイントカードだし、ベテランカラオケ愛好者として、あえて「もらい忘れた」と言いたい。
退店して2時間くらい経った後気づいたので、電話して確かめてみると、お店にあるとのこと。翌日午後に取りに行くことを告げ、実際、翌日、行ったら、あらら、ない。店員がいくら探してもない。「昨日、○○店長に電話で確認しているんですが・・・」と言うと、なおさら懸命に探す。でも、ない。アルバイトらしき店員は恐縮しまくりであったが、ない
とにかく、ないものはないし、その日、午前中に良いことがあったせいか、不機嫌になることもなく-というより、ええ格好しいなので寛容さを見せたいだけ-、後で連絡をもらうことして、その場は去った。
後刻、店長さん自らが電話してきた。電話越しだが平身低頭であった。「明日の夕方取りに行ってもいいですか。」「お客様に何かのついでがありましたら・・・」「ええ、ちょうどついでがあるんです。」
今日、夕方、お店まで取りに行く。近くまで別件があったから、本当に「ついで」だったのだが、今思えばクレームをつけにわざわざ来るとでも、思っていたのかもしれない。店員二人はものすごい笑顔であった。プラス、30%の特別割引券(店長さんのお名刺)。
わざわざ取りに行ったのは、いつ使うかわからないから、原則として肌身離さず持っていたかっただけなのに、なんか悪いことしたなぁ。。。

(いつにも増してダメ文章)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「心の排気量」

ロールシャッハテストなどでも明らかなのだが、「心の排気量」とでもいうべきものが、自分の場合、とても小さい。リッターカーでF1を走るようなものである。人生をグランプリとすれば。
先週、去年の後半から今年の前半によくあった「腰が立たなくなる感じ」が、瞬間的に起きてしまい、先が長いことを再認識させられた。
ある事柄に取り憑かれると、異常に緊張してしまい、元々キャパの小さい感情に余裕がなくなり、自分で気づかぬうちに「腰が立たなくなる」というような身体的現象となる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『パワーフレックス』

新生銀行の普通預金口座である。
生まれて初めて「自分で」銀行を選んだ。ちなみに郵便局は論外である。貯金をしても財投でろくな使われ方をしない。もっとも、銀行預金も70%くらいは国債の引き受けに回っているだろうから似たようなものか。おそろしい国。
原則、給振が取引先銀行口座に限定されているので、これまでそれに甘んじてきたが、この低金利にいい加減手数料がばからしくなってきた。出張先、帰省先、時間外。極力避けているつもりでも、年に何度かはやってしまう。
その点、パワーフレックスはかなり有利。都市銀、郵便局、セブンイレブンで手数料無料。これに地銀も加わればいいのに。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宴席でのスピーチ

1.全体の流れをよくみる。
2.地に足をつけて、落ち着いて話す。
3.ありきたりの言葉を使わない。自分の言葉で話す。
4.笑いをとる。できればオチをつける。
5.話の本筋をそらさない。そらすと長くなる。
6.仕事関係ならば、宴席といえど無礼講などあり得ない。査定の一局面であるから、油断しない。
7.うまくいかなくても、自己嫌悪しない。

逆に言えば、私が、場の空気を無視したダラダラした決まり文句ばかりを並べた話は聞かされたくない、と思っている、ということだなぁ。。。

気が重い。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新幹線と北方領土

北海道で生まれ育ったくせに、どちらも「いらなーい」と思っています。
もちろん、地元で土建屋でも営んでいれば、全く別の見解を持っていたでしょうな。
さて、今回は新幹線。
いよいよ具体的な数字が出てきましたね。2015年度末に北海道(新函館)に新幹線が上陸する、らしい。皮算用だろうけど、一応財源も示されている。
でも、これって採算取れるのかしら?ってのが、第一感。「札幌-東京」ならば飛行機でいい。新幹線敷くくらいなら、航空運賃下げてくれ。どーして「財政難の折、ウチは新幹線は結構です」と割り切ることができないのでしょう。確かに「函館-仙台」とか「札幌-青森」とかは便利になるかもしれませんが、どれほどの需要があるのでしょう?ちゃんとマーケティングしてるのでしょうか?もちろんお金で買えない価値もある、のでしょう。但し、マスターカードで新幹線は買えません、たぶん。
一番不愉快なのは「新幹線を敷設する」ということが、議論の余地がない既定路線で、それに反対する者は「非道民(私の場合)」みたいな雰囲気があることです。北方領土に関しては、もっとそれが顕著ですが、それはまたいつの日か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山本梓イムニダ.

「NHKテレビ ハングル講座」での彼女しか知らない。特にファンでもないが、めずらしく毎週欠かさず視ているので、一言。
彼女はいわゆる負け犬にはならない!自然にああいう目つきやしぐさができる娘は勝ち犬候補でしょう。褒めてるのです。可愛いし、機転も利くし・・・。
それから、番組で共演者のパク・トンハ氏が彼女のことを「アズ」と呼んでいる。自国語に「zu」という音を持たない韓国の人は「アジュ」と発音しがちなのに、さすが、日本のミュージカルに出るくらいの人は違う!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情報の階層

そもそもE-MAILやイントラの理念のひとつは情報の階層を作らず、結果としてフラットな組織を目指す、というものである。以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

行き詰まり(息詰まり)

あるいはネタ切れ。ネタ帳としての位置づけ。ホムペが続かない。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | January 2005 »