« 山本梓イムニダ. | Main | 宴席でのスピーチ »

新幹線と北方領土

北海道で生まれ育ったくせに、どちらも「いらなーい」と思っています。
もちろん、地元で土建屋でも営んでいれば、全く別の見解を持っていたでしょうな。
さて、今回は新幹線。
いよいよ具体的な数字が出てきましたね。2015年度末に北海道(新函館)に新幹線が上陸する、らしい。皮算用だろうけど、一応財源も示されている。
でも、これって採算取れるのかしら?ってのが、第一感。「札幌-東京」ならば飛行機でいい。新幹線敷くくらいなら、航空運賃下げてくれ。どーして「財政難の折、ウチは新幹線は結構です」と割り切ることができないのでしょう。確かに「函館-仙台」とか「札幌-青森」とかは便利になるかもしれませんが、どれほどの需要があるのでしょう?ちゃんとマーケティングしてるのでしょうか?もちろんお金で買えない価値もある、のでしょう。但し、マスターカードで新幹線は買えません、たぶん。
一番不愉快なのは「新幹線を敷設する」ということが、議論の余地がない既定路線で、それに反対する者は「非道民(私の場合)」みたいな雰囲気があることです。北方領土に関しては、もっとそれが顕著ですが、それはまたいつの日か。

|

« 山本梓イムニダ. | Main | 宴席でのスピーチ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69574/2285922

Listed below are links to weblogs that reference 新幹線と北方領土:

« 山本梓イムニダ. | Main | 宴席でのスピーチ »