« 日曜日と月曜日の間に | Main | 焼肉フランス人 »

映画「オペラ座の怪人」

遅ればせながら、映画「オペラ座の怪人」を観た。

個人的には今年一番である。いや、昨年、公開されていれば昨年の一番だし、来年、公開されれば来年の一番だろう。
つまり、ただのロイド=ウェバー版「オペラ座の怪人」ファンである。ミュージカルはこれまで4~5回観ているし、今年また(劇団四季版を)観る予定。CD(クリスティーヌ役がサラ・ブライトマン)はおそらく100回以上聴いている。
嬉しいことに映画はミュージカルに極めて忠実に作られている。ここまでミュージカルに合わせるかぁってくらい、忠実。まあ、ロイド=ウェバー本人のプロデュースだし、全世界で累計8000万人がこのミュージカルを観ているのだから、興行的に考えても極めて妥当。間違いない。

なじみの名曲連発で、思わず口ずさみそうになったワタクシ。

舞台では描きにくいところをそつなく映像化したりして、完成度は高そう。

ただ、怪人の歌唱はやや癖があるかも。事前に「下手らしい」という情報は得ていたが、確かにミュージカルやCDの歌唱者とは異なる雰囲気がある。声量がちょっと足りないかも。。。あと、音程が少し不安定<音がキープできないからセリフみたいな歌い回しでちょっとごまかしまーす>かも。。。

実は(というほどもったいぶることでもないが)、劇団四季版の日本語訳は少しダサい。たぶん、原版から2~3割魅力が落ちる、気がする。(「キャッツ」ではそーでもないが、「オペラ座」では翻訳による魅力ダウンが顕著)英語の理解云々より、なんか音楽にノってないなぁ、って感じ。
メロディーにぴったりはまった英語の歌詞を聴けるという意味で、観る価値もある。

|

« 日曜日と月曜日の間に | Main | 焼肉フランス人 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69574/3225623

Listed below are links to weblogs that reference 映画「オペラ座の怪人」:

« 日曜日と月曜日の間に | Main | 焼肉フランス人 »