« March 2005 | Main | May 2005 »

ブログを立て直す!

一応、気概だけはある。

親不孝放蕩バカ息子なので、今ゴールデンウィークも帰省するのだが、まさか、実家に1400GBのデータを持ち帰るわけにもいかないので、編集も生産もできない。

ちなみにワタクシの実家の部屋も汚くはないが、モノが片づいていない。帰る度の課題なのだが、ここ6~7年、放置プレイ

部屋といい、ハードディスクの中といい、机周りといい、カオスだ。不整理の中にこそ、安定を見いだそうとすらしている嫌いもありけれ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

再び二郎、好きだとジロー♪

jiroちゃんと本文を書かないうちに四四式兄貴のコメントがついてしまい、その後一週間程、放置プレイ。イケナイ、こんなことでは。

雨だったせいか、店外までは列が伸びておらず、ツイていた。但し、我々が着席後、列は外へ。

二郎は二度目である。前回は撮れずに悔やんだ写真を。おいしさが伝わるだろうか、いやダメだな。正直、ワタクシはカメラ下手である。

本日は、四四式兄貴と共にねぃやんにもご同行いただいたので、遠慮なく、にんにく入りを食した。(ほら、職場で3人でにんにく砲をかませば、多数派の勢いで押し切れるでしょ、って実際、臭いはそんなにしない、はず・・・)入れた方がうまい。前回同様、またよく味わう間もなくガツガツ食べたのだが、ここは背脂がギラギラ浮いているのにもかかわらず、あまり脂っこい感じはしない。気のせいか。ワタクシの舌が変なのか。

午後はひたすら睡魔との戦いに終始したのは言うまでもない。それに午後11時まで食欲がわかなかったことも付け加えておく。さらに、晩飯は麺類は止めよう、と言ってたのに結局パスタを食らっていたことも・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日のF1はおもしろかった。

予選13位からスタートしたシューマッハがあわや優勝か、というところまでいった。

イモラには珍しくコース上でのバトルが幾度となく見られた。佐藤琢磨、今季初の入賞。ホンダ、今季初の表彰台。

シリーズ第4戦にして、フェラーリ、BARホンダといった実力者が巻き返してきた。混戦の予感。でも、夏場までにはシューマッハが独走していそうな予感。ここ数年、レギュレーションを変えても変えても結局、シューマッハが強い。

ワタクシは元々セナ好きである。で、シューマッハも好きである。普通、セナが好きな人はシューマッハは好きにならないと思う。なぜならドライビングスタイルが全然違う。予選で速いのはセナ。レースで強いのはシューマッハ。物憂げな目をした神経質そうなブラジル人とゲルマンの香りぷんぷんのドイツ人(あごと首が長いシューマッハは何となくセリーヌ・ディオンに似ている)。

シューマッハに好感を持ったのは、1992年のメキシコグランプリである。この時、彼は初めて表彰台に上がったのだが、ワタクシは現地で見ておりました(^o^)/ レース終了後、まだ若造であったミハエルは、なんとパドックの後かたづけを手伝っていたのですねぇ。そ れ だ け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々にDVDを量産中

MENU画面が(ちょっとだけど)動かせるようになった!

撮影したビデオがたまっている。連休前にいくつ編集しきれるだろう。

「編集」といってもあまり切ら(れ?)ないワタクシですが、最近、切ってます。飽きない程度に。懲りすぎない程度に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『エリザべート』-愛と死の輪舞-

soutounowashiまたまたK.h.mama樣にチケットを取ってもらい、因縁かつ念願の『エリザベート』を観劇。

4年前の初秋。観る予定だったのに、突然の大阪転勤。やはり観るべきものを観なかったからだろうか。その後、ワタクシの人生はガラガラと崩れ低位安定のままである。今観劇を機にゆるやかでよいから確実な運気の上昇を!

さて、宝塚歌劇月組公演 三井住友VISAミュージカル エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-

これはおもしろい、とあらためて思った。一応、映像では観ているし、東宝ミュージカル版も観ている。よって、ストーリーと出てくる楽曲は少々知っていたのだが、こういうお話は繰り返し繰り返し観たい!繰り返し観たいものがやがてクラシック(古典)になるだな。。。そんなことが実感できる作品だと思う。近い未来の予測として、ワタクシはエリザのCD買ってます!間違いない!で、チャンスがあればカラオケで歌うな(歌えるか!こんな難しい歌・・・)。

ストーリーが既知のものだから、今回は少し余裕を持って観られるかな、と思いきや、あっさりと完璧に引き込まれてしまった。だから、良いのだ!文句はないのだ!あとは好みの世界(だと思う・・・)。

彩輝トートは、ややくせのある声と独特のビブラートが気になったが、すぐに馴染んだ。冒頭、トートは本物の男の方が迫力があるかな、と思った。が、たぶんそれは瀬奈じゅんエリザベートの存在感があったからだろう。宝塚だからこそ主役はトートになるが、タイトルロール:エリザベートが物語の最重要の軸である。

今回は、ヅカブログを読みまくって、皆さんがどういう感想をもっているのか非常に興味があるのだが、ワタクシは良かったと思う。美しかったと思う。少なくとも人間の場合、舞台上では他の諸条件が同じならば大きい方が美しい。そして、美しさとは凛とした存在感だ!ただ、リフト時、彩輝トートがやや辛そうだった。リフトというよりフィギアスケートの「デススパイラル」に見えた。(エリザの手足が長いので。) 欲を言えば、瀬奈エリザはさらにもう少し歌えれば、最高だろうなぁ。。。

K.h.mama、今回もありがとう!

| | Comments (18) | TrackBack (0)

ローラぁぁぁぁぁ♪

kaminarimon よわい35にして生まれて初めて浅草花やしきへ。

日本最古(1953年誕生らしい)のジェットコースターであるローラーコースターは、人を不安にさせるのに十分な振動があり、脱輪への恐怖感と相まって、エキサイティングであった。ビデオ回しながら乗るはしゃぎよう。

ちなみにヒデキの「傷だらけのローラ」にはフランス語バージョンがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花見(しちまったなぁ、オメー)

oke0409

品川区某所で花見。写真もたくさん撮ったので、いずれ使うかも。

で、最後は目黒駅近辺で久々にオケ。前日、タモリ倶楽部で「目黒駅は品川区にある」「品川駅は港区にある」と言っていたことを思い出しつつ、4月最初のオケということもあり、前半から飛ばしまくった。その中で始まったのが、「イカしばり」。友人が八代亜紀の舟唄を、
♪お酒はぬるめのイカでいい
♪肴は炙ったイカでいい
♪女は無口なイカでいい
♪明かりはぼんやりイカでいい
、と歌ったことで始まってしまった!
その後、
「さくら(独唱)」の「♪さくら ♪さくら」を「イ カ!  イ カ!」と絶唱!
「もう子供でも鳥でもないから」→「もう子供でもイカでもなイカら」と駄洒落で攻めれば、
極めつけは杉田かおる「鳥の歌」→「イカの歌」
イカは漢字で書くと烏賊だから、鳥は烏賊に置き換えやすい。
烏賊烏賊烏賊たちよ 烏賊よ 烏賊よ 烏賊の歌
只今、ワタクシは鳥という字を見ると、それだけでツボにくる。

当然のことだが、こんなたわいも無いアソビはその場にいた人間だけがおもしろい。

この1ヶ月はカラオケをすることも忘れ、かなりマジメに「うつ状態」の原因を考えていた。考えてわかるものでもないだろうけど、何も手を打たないでいると、きっとこの先、確実に虚しさだけを積み重ねることになるだろうから。
(ただ、余計に有休を消費するのはよくないよなぁ。。。負けそうなときにナントカ引き分けにもっていく工夫を。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

花見(してねぇーだろオメーは!)

わかりやすい。ワタクシは実にわかりやすい。調子悪くなるとブログの更新がない。

今日は、会社の花見だったのだが、装備にはかなり気合いが入っていた。いや、入りすぎていた。今時期、会社でここまでやるところは少ないであろう。個人的にはどーも初任地での花見(花見に限らず他のこと一切がそうだが・・・)がトラウマになっていて、ちょっと。。。体調悪いし、花粉飛んでるし。

とにかく、今年はがきれいですね。でも、ワタクシはだ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヨハネ・パウロⅡ世死去

名誉なことにローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世と誕生日が同じである。

ワタクシは、生涯に通算で2年ほど、教会に通ったことがあるが、クリスチャンではない。もっとも通っていたのはどれもこれもプロテスタント系であった。

長崎の浦上天主堂にはヨハネ・パウロ2世の銅像があり、学生の時長崎を旅行した際、不遜なことにその銅像と肩を組んで写真を撮ったことがある。若気の至り。とてもとても反省をしている。

「コンクラーベ→根比べ」と、何人がボケをかましただろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

入会8周年

「4月2日はнапи завиаров様がアット・ニフティにご入会されてから、ちょうど8周年目にあたります。
日頃のご愛顧に感謝し、スタッフ一同、心よりお礼を申し上げます。」

、とのメールがきた。
8年前、消費税が5%に上がる直前に“駆け込みで”初めて自分用のパソコンを買った。33万円くらい(高っ!)だった。
丸8年か。。。メルアドも変えていない。今でもワタクシのメルアドはローマ字3つ+数字5つの@である。流石に愛着がある。名前を連想させない良いアドレスだと思っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »