« 久々にDVDを量産中 | Main | 再び二郎、好きだとジロー♪ »

今日のF1はおもしろかった。

予選13位からスタートしたシューマッハがあわや優勝か、というところまでいった。

イモラには珍しくコース上でのバトルが幾度となく見られた。佐藤琢磨、今季初の入賞。ホンダ、今季初の表彰台。

シリーズ第4戦にして、フェラーリ、BARホンダといった実力者が巻き返してきた。混戦の予感。でも、夏場までにはシューマッハが独走していそうな予感。ここ数年、レギュレーションを変えても変えても結局、シューマッハが強い。

ワタクシは元々セナ好きである。で、シューマッハも好きである。普通、セナが好きな人はシューマッハは好きにならないと思う。なぜならドライビングスタイルが全然違う。予選で速いのはセナ。レースで強いのはシューマッハ。物憂げな目をした神経質そうなブラジル人とゲルマンの香りぷんぷんのドイツ人(あごと首が長いシューマッハは何となくセリーヌ・ディオンに似ている)。

シューマッハに好感を持ったのは、1992年のメキシコグランプリである。この時、彼は初めて表彰台に上がったのだが、ワタクシは現地で見ておりました(^o^)/ レース終了後、まだ若造であったミハエルは、なんとパドックの後かたづけを手伝っていたのですねぇ。そ れ だ け。

|

« 久々にDVDを量産中 | Main | 再び二郎、好きだとジロー♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69574/3861151

Listed below are links to weblogs that reference 今日のF1はおもしろかった。:

« 久々にDVDを量産中 | Main | 再び二郎、好きだとジロー♪ »