« April 2005 | Main | June 2005 »

歯磨き粉

hamigakiDVD作ってばかりいたら、こんなにも更新を怠ってしまった(>_<)
ネタはあった。誕生日もあった。
(日付変更機能もあることだし、おいおい書いていきましょ。)

で、今日は歯磨き粉(ジェル)です。
2001年から使い続けた写真の歯磨き粉(ジェル)を今日、使い切りました!それだけっ!
まあ、途中、長期の休職もあったし、純粋に4年間ではないし、昼休みに会社で使うという限定的なものであったにしてもだ。長っ、つーか、食べないにせよ、賞味期限切れだよなぁ・・・。 でも、生きているワタクシ36歳。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ミキティの4回転ジャンプ

mikity2 とにかく言いやすさが最優先だっ!言葉なんてものは。
例えば、ゴルフでは10アンダーないし11アンダーまでは“ten under”“ eleven under”と比較的英語で言う。でも12アンダー以降は「じゅうにあんだー」などと間違いなく日本語になる。
同じことはフィギアスケートのジャンプにも当てはまる。3回転まではシングル、ダブル、トリプルと英語なのに、4回転は「よんかいてん」である。「クアドラプル」とは決して言わない。なぜなら言いにくいから。

もう、スケートのシーズンも終わり、あの始球式から1ヶ月以上も経つのだが、この期に及んでミキティネタをかますことにする。
彼女のジャンプをぼぉーと見てて、気付いた。「ありゃ、トウループじゃないわ。」
通常4回転ジャンプはトウループジャンプであるのだが、彼女はサルコウである。クアドラプルサルコウ
もうあちこちのサイトやブログで指摘されていると思うが、今になって気が付いた。

オリンピックに向けて、ぼちぼちミキティネタかましていこっと。

先を越されたまっちゃんブログにTB。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

白樺、青空、南風(はなかった)

shirakaba北国はまだ萌え渡ってはいない。(「萌え」って字を正しく使ってみた。)
空が冬の名残か、とてもき れい。空の青と白樺の白のコントラストがとてもいい。
桜もこれから開花である。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ドゥーブル フロマージュ

fromage_double ルタオは小樽にある。(おわかりですね、コンサドーレと一緒です。)北海道は芸能人を多く輩出しているが、別に逆さ言葉が好きなわけではない。それに業界的にひっくり返せば、タルオでしかるべきだ。
道内では、さながらお菓子の都市間戦争だ。帯広、札幌、千歳、旭川、砂川等々のお菓子屋がデパ地下でしのぎを削っている。
これは身びいき以外のないものでもないが、北海道の菓子はうまい。良い牛乳、良い小麦、良い小豆が取れる。
これらを、もっともっと活用して、例えばパテシエになるための学校のような人材育成機関を作り、ソフト面まで拡張できたなら、きっと産業、ひいては文化としてすばらしいものになっただろう。お菓子に関わる職に就く人は必ず北海道である時期を過ごすみたいな。

で、ドゥーブルフロマージュである。松紳のおかげですっかり全国区になった。
ワタクシが行った大丸札幌店の地下売り場は、これが山積であった。
やっぱり、マスカルポーネだろうか。これをこれたらしめているのは。
レア(生)なものだから、なかなかお土産にはしにくい。

double 食い意地を張ってる家族なので、写真を撮る間もなく、食べてしまった。1/4残ったドゥーブルフロマージュ(^_^;

というわけで、危うく忘れそうなところを気付かせてくれた、ねぃやん氏のブログにTB。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

旭川ラーメン 蜂屋・本店

hachiya生まれ故郷の旭川に行ってきた。残念ながら蜂屋はお休みであった。よって、写真のみ。周囲はかなり変化しているのに、お店のたたずまいは以前のまま。今や、新横浜のラー博にも出店しているし、かなりの有名店になっている(らしい)。かつてこの本店の近所に母親の実家があり(今はない)、ワタクシは幼少のみぎりより、ここのラーメンが好きであった。1日3杯食べたこともある。昔からの豚骨系&魚系のダブルスープ。どちらかと言えばクセのある味。銀河で一番好きなラーメン。 ♪アクエリアス!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

こどもの日

こども達=将来、ワタクシの年金を支払ってくれる人たち(現行制度だと)。
1.年々数が減っているとのこと。
そりゃ、減るでしょうなぁ。出生率が落ちているんだから。まあ、ワタクシも少子高齢化には大いに貢献しているので、かたはらいたい気分ではあるが、こういうことを述べる時は自分のことは棚に上げないと、なーんにも言えなくなるから。

2.我が国は乳児の死亡率は低いが、幼児の死亡率は存外高い。
で、出生率が落ちているのに、幼児期の死亡率は先進国の中では、かなり高い方らしい。小児科医が不足している。カネにならないから。さらに減る子ども達。

3.数が減っているのに学力低下。
少人数学級で行き届いた教育が行われていると思いきや、昨今、問題にされる学力低下。しかし、これはちょっと騒ぎすぎでは。高等教育を終えて後の最終段階での学力が大事だと思う。小、中、高で詰め込んで大学で遊びまくる、今の形はいびつだし不効率だ。それに読み書きや加減乗除、人類の歴史、環境問題、パソコン等々最低限学ばなければならないことはあるだろうが、基本的に全員が全員コムズカシイ学問を修める必要はないと思う。そんなことより深刻なのはイジメや不登校。

以上、こどもの日の雑感。あっ、そうそう、年金は本気でやるのなら、税金で集めるしかないと思うな。国民年金の納付率をみていると、リーマンが源泉で全部持ってかれるのは、まったくもってアホらしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久々にパソコンを開ける。

PC一応、シスアドなので、実家のパソコンの管理らしきこともやっている。今回はUSBボードを取り付けるために、久々に開けてみた。

なんたってOSがMEだし、USB2.0のポートはない!ちなみに初期状態では、LANポートもなかった。

ワタクシの父は酒も飲まないし、特に贅沢をするわけでもないので、パソコンくらい新機種をどんどん買ってもよいと思うのだが、「自分のやりたいことはこの程度で十分」と、バカ息子とは違い、実に分別がある。しかし、父上。もう拡張は限界でございます。これ以上の増設は外付けでしかできませぬ。もっとも外付けはワタクシメがさんざんやっておりますが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懐かしの居酒屋

kinomi いい感じの店構えでしょ(^_-)-☆ 最近、こういうお店(昭和のにおいのするお店)が好きであることを自覚しつつある。

学生の頃、学校の最寄りではなかったので、通い詰めたというわけではないのだが、サークルの大会や作業の後、それからここは北海道厚生年金会館に近いので、コンサートを観た後に、ちょくちょく行っていた。自分たちのサークルの大会のスポンサーになってもらったこともある。ワタクシは基本的にスポンサーには義理堅かった。 nikomi

卒業後、1~2回行ったことはあったが、それも7~8年前だったので、本当に久々であった。変わらぬ内装、煙い店内、アルバイトの女学生(あえて「女子大生」とは言いたくない)・・・。いや、セットメニューができていたり、串のサガリがなかったり、まあ、10数年も経つのだから、変化がない方がおかしい。

で、お目当てのメニューは2つである。すなわち、ぎ ょ う ざ と 煮 込 み。何はさておき、この2つを注文し、(なぜか)許可を得て、箸を付け、ほおばり、咀嚼し、飲み込み-----満 足 し た\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ。気が抜けるほどの達成感。味は守られていた。

gyouza ぎょうざも煮込みもことさら特別な素材を使っているとも思えないのだが、うまいのである。自分の好みとも合っているのだろう。そして、ノスタルジア。脳内にいろいろ素敵な成分が分泌され、上機嫌であった。

その勢い(だと思うが)で、カラオケにて、6割5分ほどの力(現状での全力)で未完のChooChooTRAINを踊る。沈み込むフリの時は膝にクる。膝だ、脚力だ、筋力だ。瞬発力はわりとイメージどおりなんだが・・・。帰宅後、バンテリンのお世話に(>_<)

ChooChooTRAINに関してはいつか機会をみて熱く語ることにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月の残雪

zansetsu_b写真が小さいのだが、これは砂山にうっすらと雪が載っているのではない。雪山に融雪剤をまいている状態である。後の木々と比較してもらえると、その大きさがおわかりいただけるかと思う。余裕で雪祭りの大雪像が作れる量である。

5月の初めには、特にどうってことのない普通の住宅地のあちらこちらで見られる風景である。こんなのはかわいい方で、札幌市の集雪場とでもいうべきところは、まるで炭坑のぼたやまのようである。パワーショベルでかき崩して雪を溶かしている。

が咲く頃(まだ余裕で咲いてませんから(^^ゞ)ですね。こうした雪達も完全に融けきるのは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

郊外の回転寿司屋さん

kaitenここ5~6年くらいだろうか、札幌近郊ではこのような郊外型の回転寿司屋さんがやたらと増えているような気がする。少なくともワタクシが学生の頃はほとんどなかったと思うのだが、どのお店も休日となれば、長蛇の列のようである。まあ、ワタクシが帰るのはお盆とか年末年始とかGWとかだから、休日と言ってもド休日なわけだが、地方には珍しく、待ち時間というものを味わさせてもらえる。時には順番待ちの客が、店内には収まりきらず、外に溢れる。溢れた客はポケベルを持たされたり、携帯の連絡待ちで車内で待機することになる。(外で待っていたら、冬なら凍死しますから。)

すごいのは店内に入りきらない客の分の駐車スペースまで余裕であるということ。さすが、完全な車社会、北海道。

ああ、もちろん、味は良いですよ。普通の寿司屋さんと同等以上、っていうか、最近、回ってない寿司屋はずいぶんご無沙汰して るな・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »