« 劇団四季「オペラ座の怪人」 | Main | 千葉ロッテマリーンズのファン »

『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』

宝塚歌劇花組公演(東京)。
今回も超SPECIAL THANKS to K.h.mama。オリガ&ワレンコフ家に敬意を表し、ロシア語で、
Большое Спасибо,К.х.мама!


楽が近いこともあって、この日初めて観たというのは極めて少数派であっただろう。一度「何回目ですか?」と問われたことがある。ファンは複数回は観るものらしい。だから、最近はファンと自称しないことにしている。ワタクシは宝塚をほんの少し愛する男子(マイノリティ)。手拍子のタイミングとか、時折、取り残される感じがする。
しかし、宝塚に限らず、我々の社会では、何かを好きである場合、造詣が深いというレベルまで持っていかないと許されない、そういう風潮を漠然と感じる。少し好き、中途半端に知っている、ちょっとかじっただけ。。。そんなレベルではこの社会では何となく恥じ入らなければならない。何かをやりきったことがない人間には辛すぎる。被害妄想だろうけど。

さて。まだ一度も生で見たことがない春野寿美礼様(VISAカードのお姉様)を見に行ったつもりが、結果としては、荻田浩一作品を見て帰ってきた感じである。
たぶん、込み入るだろうから、先にレビューの感想を。
レビューは白である。白、白、白。花組のショーというと、カッコイイ男役二人が全面に出てくるというイメージを勝手に持っている。たとえば、安寿ミラ&真矢みき(やや古っ)。だから、春野&樹里(咲穂)がツートップ状態になった時、プチ感動であった。
第10場。アランフェス。ムラジー(村治佳織)のギター以外で聴くのは初めてだと思いつつ、ギターに集中。アランフェス協奏曲に歌詞が付いた。


『マラケシュ・紅の墓標』。
マラケシュはモロッコの街の名前。だから、砂漠とたそがれ(←墓標)から勝手に金色をイメージしていた。タイトルに「紅」とあるのにである。「ワレンコフ家の金の薔薇」が誤解の先に見えた・・・わけはない!
観劇後、何か見落としたか。考え違いをしていたか。とても疑心暗鬼にかられた。登場人物の存在意義や関係性を簡単にはわからせてくれない。いや、解釈は自由ですよ、と投げかけてきてるのだろうか。ある意味スッキリしない。宝塚では稀だと思う。前衛的(ってのも何だか古くさい表現)な感じもする。
うまく言えないので、こんな言い方で済ましてしまうが、物語の構成要素が多い。時間の割にはやや詰め込み過ぎな感じもした。
たとえば、レオン。そしてその母ラッラ。レオンは主役のリュドヴィークと仕事仲間で、物語の中で絡むことは絡むが、本筋にはあまり関係ない。ましてや、ラッラはレオン以外とは人間関係のつながりがない。(ここからはワタクシの妄想劇場)けれども、二人は必要だった。レオンは白人とベルベル(現地)人とのハーフである。ハーフであることを利用して、一見、上手く振る舞っているようだが、彼は悩んでいる。アイデンティティの置き場がないのだ。「俺は白人なのか?ベルベル人なのか?それとも他の何かか?」帰る場所がないと言ってもいい。帰る場所がない人間は前に進むしかない。そして、それは脆く、危なっかしく、大概、無理をしがちだ。レオンは大勝負にでるが、あえなく潰える。仲間と思っていた人間にも裏切られる。
行く手を阻まれたレオンは彷徨う。回転する舞台で、ついにラッラはレオンにたどり着けなかった。極端なことを言えばラッラはこのシーンのためだけに必要だった。レオンの彷徨いっぷりを強調するために。

金の薔薇石の薔薇はいろいろなことを象徴していておもしろかった。特にエンディングで砂漠から生還したクリフォードが石の薔薇を持っていた時はスゴイ!と思った。クリフォードから石の薔薇を受け取るオリガ。死してまだ彷徨うリュドヴィークやレオンに対し、オリガは帰るべき所がわかったのだ。

妄想は続く。

|

« 劇団四季「オペラ座の怪人」 | Main | 千葉ロッテマリーンズのファン »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

こんにちは.
韓国人でダカラズカの熱誠ファンです.
ダカラズカ?連資料を?索している途中コメントを?しても良いか苦心しました.
失?になったら容赦してください.
最近公演した 花組の公演スケッチを見られて非常に嬉しいです.
ダカラズカ韓?公演が取り消しになって心が痛いです.
ダカラズカは夢の舞台! 美しい所なみたいです. ^^*

Posted by: ギムフィゾング | July 08, 2005 at 09:43 PM

大変だnappy!
韓国の方からコメントがイッソヨ!
このブログもインターナショナルになったがや!
チンチャ キップダ!
アンニョンハシムニッカ。
チョヌン ダイジソ イムニダ イルボンサラム イムニダ。
チョウム ペップケッスムニダ。
パン モゴッソ?
ア〜 クレヨ?
「コラコラコラー!他の人のブログで自己紹介スンナッツーの!」

Posted by: だいじそ | July 09, 2005 at 02:03 AM

こんにちは.
ダイジソさん はじめまして.
私はギムフィゾングと申します.
嬉しいです.

カンコク語が上手ですね.^^
カンコクは 梅雨によって一日中雨が降りました.

元気で幸せになってください.

Posted by: ギムフィゾング | July 11, 2005 at 07:56 PM

キム フィッソングッシ〜
アンニョンハシムニッカ〜
コメント カムサハムニダ
私はハングル読めないし数字も言えない未熟者です。
感嘆詞くらいしか言えません。
丁寧語使わなくてミアナムニダ。
宝塚はまったくわかりませ〜ん。
でもときどき「会話」しましょうね!
私のブログ(「玩物喪志」)にも遊びに来てねえ〜。
すご〜く下品だけどきにしないでね〜。
やっほ〜。
(こらあ〜私のお客さん引き抜くんじゃな〜い!by nappy)

Posted by: だいじそ | July 11, 2005 at 09:55 PM

ようこそ、キムさん。ご来訪、カムサハムニダ.
アンニョンハセヨ.nappyイムニダ.当ブログの管理人です。
私も少しハングルを勉強しています。自分の名前くらいはハングルで書けます。
宝塚のブログはもっとすごいのが他にもあります。是非、検索してみてくださいね。

Posted by: nappy | July 12, 2005 at 01:54 AM

こんにちは.
nappyさん あいさつが?れました.
ダカラズカ観劇期を見ながらおかげさまで非常に嬉しかったです.
今年 11月にダカラズカ韓国公演を期待していたが取り消しされたと言います.
ダカラズカ韓国公演をいつ補なのなるか...

ハングルで nappyさんのお名前を使うことができるなんてすごいです. ^^

それではブログでまたお目にかかります.
お休みなさってください.

Posted by: ギムフィゾング | July 12, 2005 at 10:27 PM

キムさん、アンニョンハセヨ.
再びのコメントをありがとうございます。
ところで、キムさんのお名前はローマ字ではどう表記されるのでしょうか。"Kim Hi Song"さんですか。"Kim Hwi Sung"さんですか?

Posted by: nappy | July 13, 2005 at 11:58 PM

nappyさん ~ ~ !!!
今日楽しい一日になったんですか.
私の名前をローマ字は kim hui jeong と言います.
hui発音が難しいですね.heeだと読んでも良いです.

Posted by: ギムフィゾング | July 14, 2005 at 09:12 PM

キムさん(^o^)/
ローマ字表記を教えていただきありがとうございます。
キムさんの"hui"は合成母音ですね。女優のキム・ヒソンさん(「飛天舞」「ワニ&ジュナ」「敗者復活戦」「チャグイモ」等々)の「ヒ」と同じではないかと。。。
ちなみに私は一番好きな韓国の女優はイ・ヨンエ(李英愛)さんです。次はキム・ユンジン(金倫珍)さんです。

Posted by: nappy | July 14, 2005 at 11:47 PM

はい そうです.
キム・ヒソンさんのヒが同じです.^^

イ・ヨンエさんとキム・ユンジンさんが好きですね.
私もイ・ヨンエさんファンです.
イ・ヨンエさんは化粧品モデルにdebutしたが"酸素みたいな女"で有名だったです.
それで別名が"酸素みたいな女"です. ^^

Posted by: ギムフィゾング | July 15, 2005 at 11:45 PM

キム・ヒソン(金喜善)さんは早く発音すると「キモイソン」と聞こえますね(^_^)
イ・ヨンエさんは日本では『JSA』で有名ですが、私は『春の日は過ぎゆく』が好きです。

Posted by: nappy | July 18, 2005 at 05:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69574/4728976

Listed below are links to weblogs that reference 『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』:

« 劇団四季「オペラ座の怪人」 | Main | 千葉ロッテマリーンズのファン »