« July 2005 | Main | September 2005 »

ゴーヤー2(あーつくみっろー♪)

yuu04 今日はこの夏6本目のゴーヤーを食べた。先回宣言したほどバカ食いはしていない。

誰か「ギンギラギンにさりげなく」のあの足さばき、覚えてな~い?
眠れる程度に気になってしょうがない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『情熱大陸(柴田亜衣)』

shibata_ai12Smile Again

柴田亜衣の終わらない夏

昨夜放送の『情熱大陸』はアテネ五輪800M女子自由形金メダリストの柴田亜衣選手が特集されていた。

とにかく、すごい練習をする。ただただひたすら泳ぐ。常人なら走る、いや歩くのも嫌なくらいの距離を愚直なまでに泳ぐ。テスト前だろうが、風邪をひこうが、失恋をしようが、泳 ぐ。

準備運動もストレッチも筋トレもアイシングも一切しない、 にもかかわらず20年間怪我、故障なし。

いくら習慣化されているとはいえ、単調で無機質でストイック極まりない練習を、どうしてああまでやれるのだろう。
耐えること、続けること。これこそがまさに才能、と思い知らされる。

shibata_ai01表情豊かな天然キャラは非常に楽しかった!
「あせらず あわてず あきらめず」は彼女のコーチの言葉。あわてずが先かもしれない。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

連敗記録更新

業務上取らなければならないどーでもいい資格は別にして、自分が自主的に欲しいと思う資格にはなかなか手が届かない。
今日も負け。限りなく不戦敗に近い。いちいち資格名は挙げないが、これで5、いや6連敗か。
やはりもう少し状態がよくならないと何もなし得ないかもしれない。

あせらず あわてず あきらめず

今はどれも難しい、が、とりあえず、あせらず あせらず あせらず。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

幸せの黄色いTシャツ

24hour_TV 今日から恒例の24時間テレビが始まった。
「愛は地球を救う」。日テレが今、本当に救いたいのは地球ではなくジャイアンツだろうなぁ。。。「金は巨人を救う、とは限らない(ここ5~6年の実績)」。

学生の折、1991年、どうしてそういうことになったか詳細は忘れたが、ワタクシは黄色いTシャツを着た。まだ「サライ」のない頃である。(※「サライ」は翌1992年完成)
日テレの系列局であるSTV(札幌テレビ放送)の一室に丸24時間以上きっちり詰めていた。食事はしっかり朝昼晩配給されたが、睡眠はまったく取らせてもらえなかった。それでも当時22歳。何とかエンディングまで役割を果たした。キツいボランティアであった。
フラフラになりながらの帰りがけ、STVの総務担当の人から「nappyさん、盾、持っていきますぅ?」と声をかけられた。サークルの大会を翌週に控え、STVにも協賛をお願いしていたのだ。そんな経緯で、担当者とは既に顔なじみになっていたのだが、その時はその盾がやたら巨大に見え、「改めさせていただきます。。。」とすごすごと帰路についてしまった。。。
後日、受け取りに行った時、担当者の対応は好意的だった。ボランティアをしたことを評価してくれたのだろうか。まあ、肉体的に辛かったが、収支は合った感じがした。

ところで、ボランティア中、ひとつ不快なことがあった。せっかく募金に来た人たちを、今はカメラが回ってないからと、入り口で待機させてしまうのである。ひどい時は15分以上は待たせていた。そして、全国放送の中継が札幌に回って来た時に、一斉に募金箱まで歩かせる。さも、コンスタントに募金者が来ているかのように。
社会人になった今では多少、局側の対応も理解できるが、若い時分、激しく納得がいかなかったものだ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

北海道限定3連発!

hokkaido_gentei左からソフトカツゲンリボンナポリン
いずれも北海道限定飲料である。
正直、社会人になるまで全国区だと何の疑いもなく思っていた。。。

で、今回は、

3つ並べて撮りたかっただけです。以上!

、では身も蓋もないので、多少くだくだ書くことにするが、あちこちでブログネタになっているので、興味ある方は是非是非ググッていただきたい。

ソフトカツゲンMEGMILK-日本ミルクコミュニティ(旧雪印)の乳酸菌飲料であるが、なぜか同社のHPにソフトカツゲンの紹介はない!ま、その方が希少性を出すことができるか。
酸味がある。ビックル、カルピス、ヤクルトなどに近い。
帰省する度に最低1リットルは飲むので、私の年間消費量は約3リットル。
ところで、どうしてMEGMILKMEGUMIをCMに採用しないのだろう?これ以上のキャラはないと思うんだけど(友人ネタ)。

リボンナポリンはあまり飲まない。撮影用に購入。オレンジ味の炭酸飲料。

ブラジルではコーラよりもガラナがよく飲まれているらしい。ガラナは大好きなので、帰省の度にバカ飲みする。ガラナはガラナ味?チェリーコーク、ドクターペッパー、ルートビアーなどが好きな方(私はどれも好きだが)はガラナ、いけるでしょう。

以上。

| | Comments (20) | TrackBack (1)

困りました(笑)

jenson バトン系は不幸の手紙ネズミ講を連想させる(この時点で古い人間だよなぁ)のだが、hieco氏から調味料バトンなるものが回ってきた。実際にバトンをもらったのは初めてである。自分なら、そうだなぁ、とりあえず「ジェンソン・バトン」。そのまま流す。(※Jensonは"Button"です。)
では、早速。問いは4つ。

○次のメニューにどんな調味料をかけますか?(薬味は含みません)
・目玉焼き→塩、こしょう
・納豆→ついてくるタレとからし
・冷奴→しょう油、おろし生姜
・餃子→しょう油、酢、ラー油
・カレーライス→無
・ナポリタン→無
・ピザ→粗挽きの赤ペッパー
・生キャベツ→無
・トマト→無
・カキフライ→ソースまたはタルタルソース
・メンチカツ→ソース
・コロッケ→ソースとケチャップのブレンド
・てんぷら→天つゆまたは塩
・とんかつ→ソースとケチャップのブレンド+すった白ごま
・ごはん →無

○周囲に意外だと驚かれる好きな組み合わせはありますか?
・特にない、と自分では思っているが、なにせ変人らしいので。基本的に調味料は少なめが好き。

○それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
・マヨネーズは基本的にNGだが、タルタルソースは大好き。また、お好み焼きの時はたっぷりかける。加熱すると私の嫌いな成分が飛ぶようだ。

○バトンをまわしたい5名は誰ですか?
・えー、hieco氏&makki氏は既出だから、他のブロガーのみなさん。だいじそ氏ねいやそ氏ぼびそ氏まっちゃん氏気が向いたらやってみてください、っつーか、

今日は会社に行きます・・・(>_<) 

・・・・・たぶん。

やっぱりダメかも。

うつはなかなか・・・・・。

かもめ、今日、泣いてもいいですか。。。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

それほど困りません。

DVD_tohitsu  次世代DVDの規格統一を断念したらしい。
消費者不在だとかVHSvsベータの再来だとか危惧されているが、個人的にはそれほど困らないと思う。
まず、DVDはある意味、現状でも十分に混乱している。1.録画用とデータ用に分かれ、さらにその中に、2.DVD-R,DVD+R,DVD-RW,DVD-RAM等々の規格がある。きっちり使い分けができている人はどれくらいいるのだろう?私個人はデータ用のDVD-Rしか使わないから、どーでもいいことだが。。。
次に、VHSとベータの時って、そんなに困っただろうか。その当時、ビデオデッキ2台を所持することはタイヘンなことだったにちがいないが、今回はドライブ1個付け足せば済む話である。ドライブの価格など呆れるくらいの勢いでアッという間に下がる。
さらに、個人的には既にメディアの使い分けは始まっている。相手や用途次第で、DVD-Videoにするのか、単にDVD-Rにファイルを焼き付けるのか、はたまたCD-Rにするのか。
選択肢が若干増えるに過ぎない。

消費者不在?選挙民不在。国民不在。この国ではよくあること。不承不承でも対応力は世界一よ、我が国は!

| | Comments (7) | TrackBack (1)

タモリ還暦

tamori 今日はタモリの誕生日である。60歳。還暦。
干支が一緒だ\(^o^)/

タモリという人は、自分の芸が高尚なものではない、ちゃんとした芸ではない、ということをよく自覚している人である、とはいえ、「四カ国語麻雀」「六カ国語サンタクロース」等々は最高の芸であると思うが。。。tamori2
(以下、タモリが売れるまでにかなり時間がかかったこと、または今の芸人と言われる人が如何に芸がないか論じようと思ったが、調子が悪いから止める。)

一番好きなのはタモリ倶楽部のタモリ。
でも、ラジオのタモリはもっとおもしろい。ほぼ無制限にボケ続ける。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

風の谷の梨P

kazenotani安田成美の歌はひどかった。。。

さて。
実家はちょっとした高台にある。しかし、ちょっとしたといっても考えようによってはかなり高い。
札幌市は極地の氷が溶け、海面が5m上昇しても水没しないらしい。で、市内にはテレビ塔という建物があるのだが、実家周辺はそのテレビ塔と同じ高さと言われている。同じ高さといってもいったいどの部分と同じなのかはっきりしないのであるが、とにかくかなり高地であることは確かだ。それはこの地を離れてから、帰省する度に実感する。

風がやまない。

とにかく見事なくらいずーっと吹いている。夏はこの風が実に気持ち良い。エアコンとは全然違う体に堪えない自然の風。
ここは田中角栄の日本列島改造計画の頃に、山を切り崩して造成した住宅地なのだろう。いわば人工的に造った谷である。
この谷でワタクシは10歳くらいまではナウシカの如く伸び伸びと育った。日が沈んでもなお外で遊び続けるまさに風の子。
今の子どもはいろいろ忙しいから、あんな生活は許されないんだろうなぁ。。。
それにしても子どもが見あたらない。将来の年金負担者は外では遊ばないか。絶対数が少ないことも確かだが。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

我らが青春のChooChooTRAIN

choo_zoo (タイトルが古くさっ!)

一応、ココログを使っているので、毎火曜日に出題される【トラックバック野郎】は時折チェックしている。しかし、これまで一度も書いたことはない。8/2のお題、キーワードは青春とあった。(一週遅れなのでTBはしない。)
青春は個人的にあまりにも馴染みがあり過ぎてあり過ぎて パン 茶 宿直の理をあらはす。はあけぼの最も嫌いな季節。昔は雪解け、今は花粉。5月に歳をとる。

まあ、そんなことはOTT(おいといて)。

ZOOである。ミリオンセラーである。あのダンサーのヘッドセットマイクは一体何に使っていたのか今でもよくわからない。
大学の時にこれをやった。別に音楽サークルでもダンスサークルでもないのに、機会があり、ステージでperformした。
PVを買い、出演番組を録画し、完コピを試みた。今思えば映像系はバリバリのアナログ素材である。勉強・バイトそっちのけで、2週間はこれにかかりきり。
習得は困難を極めた。イントロで1日サビで4日Aメロで2日は優にかかった。
ある友人の部屋を拠点に、講義の合間をぬって入れ替わり立ち代り、メンバーが入りびたり、振り付けを覚えていく。屋上で踊って管理会社に怒られたこともあった、 が、 と  に か く、

空前の楽しい時間であった。

choo_exile 2003年、ChooChooTRAINをEXILEがカバー。踊りもカバーする。彼らならではである。

当然、再燃!不完全燃焼の思いがくすぶっていたからだ。
本来のダンスはサビAメロ2パターンあるのだが、当時は時間の都合で、それぞれ1つを端折った。間奏や後奏はかなり誤魔化した。
こうした点を補完すべくここ2年ほど、気ままに細々と取り組んでいる。社会人になり、歳もとった。明らかに体は動かなくなってきているし、確実に持久力は落ちている。しかし、瞬発力は存外変わっていない。今はパソコンでいろいろな処理も可能だ。そして、EXILEのリーダーHIROは同い年。まだまだ望みはある。

choo_nap2 我々のChooChooTRAINは未だ完結していない。
だから、未完の青春。まだまだ終わらないのである。終わらせられないのである。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

“ブルマン”

blueskyblue コーヒーではない。
それから何でも縮めればいいというものでもない。特にもみじ饅頭と草野満代。(冒頭から下ネタかよ・・・)

ブルーマンデー症候群」。これは「サザエさん症候群」とほぼ同義であろう。
厚生労働省の統計によると、自殺者が最も多いのは月曜日ということである。もっと正確に統計をとるならば、おそらく休み明けというのがより正しいに違いない。GW明け、お盆明け、正月休み明け、中央線はよく止まる。
自殺のみならず、月曜日は脳卒中や心筋梗塞の発症率も高く、血圧の上昇率も大きいらしい。
先日、自民党の永岡洋治衆院議員が自殺したのも月曜日であった。

【ブルーな想ひ出】
1.少年期、この時期、原爆の日の頃は既にブルーであった。北海道の夏休みは短い。お盆が明けたら、二学期が始まる。
2.入社間もない頃は「大河ドラマ症候群」であった。本放送ではない。再放送である。土曜午後で既に超ブルー。唯一気楽なのは金曜日の夜だけで、それも次第に侵食され、正月とGWのみ(夏休みはなかった)が救いであった。正月とGWだけで人生が持つわけがない。
3.西城秀樹の「ブルー スカイ ブルー」はカメラ目線で歌えます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

“詳しい者”

canon2LBP-04_3 ビデオカメラのバッテリーを買いに某家電量販店へ。
バッテリーはパソコンのメモリ等と一緒で、一般客手出し無用の位置にある。よって店員に取ってもらわねばならない。最初の店員は要領を得なかった。振り向いて後ろにぶら下がっているバッテリーを取ってもらえば、それでよかったのだが、別の店員が登場。
「お客様、詳しい者に変わりま・・・」
「はい。」

しかし、詳しい者は来ない。くだんの店員はワタクシを見つめている。
えっ?今詳しい者に変わりました。って言ったの???
自分で自分のことを詳しい者って言っちゃうわけ?????
まっ、自称「商品知識日本一」のヨ、いや家電量販店さんだから、そりゃ詳しい者だろうけどね。  

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »