« August 2005 | Main | October 2005 »

オフ会~マムシ酒で轟沈~

mamushi ブロガーのみなさん(だいじそ氏、ねいやそ氏、ぼびそ氏)とオフ会しまして・・・。自分で書かず、だいじぞブログへトラバ。画像も勝手にいただきました<(_ _)>

最近の傾向として、飲酒後、ウチに帰った途端、急激に気持ち悪くなる。(以前は飲んだそばからダメだったが。)

今回は、着替え途中、半裸で倒れたらしく、そのままエアコンに煽られ発熱。目が痛い。真っ赤じゃないか!それよりも、「オレ自身にファブリーズを!」
その後、ナンヤカンヤで今日(10/3)まで寝込みましたとさ、チャンチャン♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

コウガンの憂い

○ 後顧の憂い

× 後願の憂い

パッと見は極めて似ている。

しかし、コウガンの憂いとは(笑)

頭に浮かんだものはだいじそ兄と同じであった(誇)

ついでに、コウガンの憂いのポーズまで作った(アホです)。

「コウガンの憂い!」

画像はなしよ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

大橋未歩アナウンサー

om_02よくあることだが、

気がついたら、

パソコンに大橋アナの画像がいっぱい・・・・・・・。

初期の印象は、
1.少し寄り目
2.小松未歩と同じ字
3.スポーツキャスター

くらいだった。

しかし、今は、出演番組をチェックし、彼女の出演部分だけを切り抜いて編集する始末!

om_01でも、これはすぐに飽きるな。同様のことを私は別の人でもやっているが、その人は決まった日の決まった時刻に決まった時間だけ出演する(※山田優ちゃんではない)。それに比べると大橋アナは朝の情報番組、夜のスポーツニュース、深夜のバラエティ、不定期の特番と追いかけるのがタイヘンである。それに出演シーンの切り出しは存外難しい。手間もかかる。基本的に根性ないし。
こんな時、ウィ○ーがあったらなぁ・・・って今も世の中にあるにはあるんだけど。なんせソフトそのものに罪はないのに、開発者が逮捕されちゃうような事態だから、うかつに欲しいなんて言えない。

| | Comments (140) | TrackBack (1)

「復刻堂 ガラナ」

guarana03 ダイドードリンコ「復刻堂 ガラナ」
最寄りのコンビニにあった。今月から発売となったらしい。
(会社の自販機にも即刻入れちゃってください。)
是非、定番化していただきたい。
天下のキリン様が全国販売をためらっているくらいだから、無理だろうけど。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

winnyで情報流出

それなりに興味があるので、かなり頻繁にPtoP関連のニュースをチェックしてますが、絶えませぬなぁ、winnyで個人情報たれ流しちゃうツワモノドモが。。。最近では、自衛隊さんと電力会社さん。他者にばれない限りニュースにはならないだろうから、いったい実態としてどれくらいの情報が流出しているやら。。。

しかし、極めて素朴な不思議はある。

1.ウイルス駆除ソフトを入れてないのか!
 ノートンでもバスターでもいいけど、常時接続回線なら駆除ソフトがないと不安でしょうがないと思うのだが。。。

2.お持ち帰りしてるのねぇ~
 仕事を持ち帰って、自分のパソコンを残業マシンにして頑張ってらっしゃるのね。やっぱりそれくらいやらないと追っつかないんでしょうねぇ。情報流出云々よりもこっちの方が本質的には深刻だと愚考つかまつりますが。。。

3.まだwinnyやってらっしゃるのね~(笑)

| | Comments (11) | TrackBack (0)

モデル 押切もえ

moe_02 えー、また『情熱大陸』ネタです。しかもちょっと古め。

現在のCanCamのスリートップ、優、エビ、もえ。個人的好みは、

優>エビ>もえ。正直、押切もえに関しては?であった。こういうのがいいのねぇ、って感じ。

moe_26番組を見た際のシタゴコロは、きっと山田優も出るに違いない!
で、期待どおり、山田優出演。
見終わった後は、ゲンキンにも、

優>もえ>エビ。

moe_13基本的に、こういうドキュメントを見ると、嫌いになれない。
『情熱大陸』が追いかけるような人だから、間違いなく魅力はある。あとは好みだ。
冒頭スッピンで登場。メイク無しの方が遙かにイイ顔(だと思う)。

moe_19 5年前に亡くした恋人の墓参りを月に一度今も続けている。このシーンが一番衝撃的だった。
しかし、押切もえ本人が取材に無茶苦茶協力的だったのにもかかわらず、番組側がイマイチ迫りきれなかった感じは否めない。窪田等のナレーションもシンプルというより、チープな感じがした。もう少し彼女の魅力を表現する言葉があったのではないか。惜しい演出。
ただ、彼女は自然体で、自己教育がものすごく良くできる人であることは伝わってきた。

cancam11CanCamの発売日は23日であるが、店頭にあったので。
しかも、表紙が押切もえのピン。
部屋が片づかなくなるので、最近は買ってません、この赤い電話帳

♪私の家の電話番号が
♪男名前で書いてーぇあーるー

それは黒い電話帳だって!

| | Comments (133) | TrackBack (0)

ゴーヤー3

yuu05 今夏7本目ゴーヤーを食す。
意外に食べなかった。10本は軽く超すと思っていたが。。。
店頭に並ぶゴーヤーもかなり小さく細くなってきた。

ここのところ、確実に加熱は1分半~2分に抑えられている。
それから、当初は塩もみをしていたが、今は止めている。せっかくのゴーヤーの成分を飛ばしてしまうから。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

星野真里ヌード

hoshino03 公開から約1ヶ月、なんかそれほど話題になっていないが、星野真里が「さよならみどりちゃん」でヌードになった。最近のヌード事情はよくわからないのだが、俗に清純派といわれる女優のヌードは、池脇千鶴(「--ジョゼと虎と魚たち--」)以来だろうか。逆に清純派の方が脱いじゃうとか・・・、っつーか、星野真里って誰?って御仁も多いかも。星の金貨とか金八先生とか♪雨は夜更けすぎに~のCMの彼女っす。
ちなみにかなり激しいカラミもあるらしい。

20年くらい前までは女優が映画やテレビドラマでヌードになると、それだけでかなり話題になった。AVとかなかったし。
今や大女優の桃井かおり、松坂慶子、原田美枝子、かたせ梨乃、黒木瞳等々は一時、脱ぎまくっていた。

昨今は女優がヌードにならない。いや、なりにくくなっている。
現在の人気女優はモデル出身者が多い。つまり、同姓である女性を支持基盤としている。女性は同姓がになるのをあまり好まないらしい。
そして、スポンサーも基本的にを嫌う。今やどんな商品・サービスでもマーケットの主要ターゲットは女性である。購買層をはばかるのは当然のことだろう。
藤原紀香、松嶋菜々子、伊東美咲、長谷川京子、小雪等々はモデル上がりで、かつ今現在も多くのスポンサーを抱えている。

脱ぐ可能性は皆無といってよい。

星野真里はかつて、JR東海、日清製油、東名高速道路集中工事等のCMに出演していたが、ちょうどスポンサーの切れ目だったのではないか。
「私の裸が目的でもいいからとにかく映画を見に来て欲しい。」という彼女のコメントは、それはそれでとても潔い。

で、今、誰か女優さんのヌードを見たいかといえば、特にいない。
どちらかといえば、女子アナとかキャスターとか気象予報士とかがいいかな(^_^;

| | Comments (47) | TrackBack (0)

ポイントカード再発行

ydbskns 先週末、某家電量販店で愛読の月刊誌(低俗パソコン誌)を購入しようとしたら、

あらら、ポイントカードがない!

いつも財布に入れ、レジのみで使用。財布ごとなくなるならともかく、この店のポイントカードのみ紛失。

3連休の間、探しまくっては不快になる。
現金、キャッシュカード、クレジットカードは手つかずだから、絶対に自分で抜き取ってどこかにおいてしまっているはずなんだけど、ついに見つからず、というか、ようやく諦めて、本日再発行とあいなった。
ちなみに再発行は免許証等があればチョー簡単。3分とかからない。ポイントもちゃんと引き継がれる。

調子が悪い時や慌てている時は何をするかわからない。たとえば冷蔵庫にエアコンのリモコンを入れるなどざらである。
記憶の無さはやや多重人格気味。もちろん、診断上、私は多重人格ではない。多芸人格ではありたいと思っている。
でも、

不器用ですから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コンビニとうつの関係

sonohito_dokushin またしてもうつうつでずっと不調であった。
♂負け犬3DKのわりには、意外とコンビニには行かないのであるが、調子が悪くなるとよく行く。そんな時は、無精ひげを生やして、よっぽど怖い顔をしているらしく、バイトのお兄ちゃんの態度が妙に丁寧だったりする。
もっと調子が悪くなると、コンビニすら行けなくなる。生命線だ。

で、ここんとこ普段以上に更新も滞っていたわけだが、ぼちぼち書いていこうと思う。
そんなわけで、すこし古めのネタも多発。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

民主党が勝つ方法

民主党は大敗である。結党以来初の負けらしい負け、しかも大敗である。
で、気が早いが、次回の選挙で勝つ方法を短絡的に考えてみる。やや無謀な策込み。

1.小泉総理総裁の任期満了を待つ。
今回は自民・公明の勝利でなく、小泉総理総裁の勝利である。しかし、自民党総裁の任期は来年9月までである。にもかかわらず、早くも続投論が出ているが、首相の性格からいって、おそらく辞めるだろう。その時、自民党にはがいない。勝負をかける時である。民主党にどんな人材がいるのかいないのか、よくわからないが、選挙は相対的に相手に勝ればいいのである。
それで、民主党の新代表だが、

2.トニー・ブレア的な代表を!男女は問わない!
いないかなぁ~。探せばいると思うんだけど。もちろん、若い人がいい。40代、できれば30代。在任中に育児休暇を取るくらいな人。体力的には階段を二段抜かしぐらいで駆け上がれる感じの人。

3.小選挙区で共産党に立候補させない。
私は共産党が結果として自民党を利していると思っている。共産党は数万の得票を取る選挙区もある。ただし当選ラインには全然届かない。だからこの数万票がもったいない。

4.イメージ戦略
ひとりひとりの有権者は、日常生活で、政治に関して考える時間はほぼゼロである。日常生活の中に政治というものがほとんど浸透していない。基本的に日々の生活でいっぱいいっぱいである。たとえば、何か新しい家電を買う時などはそこそこの手間暇をかけたりもするが、選挙は、それ以下である。
だから、結局はイメージや印象で決めてしまう。

ま、また思いついたら。

それにしても今回は勝たせ過ぎじゃないか。。。前回の大勝の後に行われたことは消費税の導入。
郵政をまずやるんだろうけど、次は、外交?憲法?財政再建?人口減少対策?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シューマッハはまたやる!

celine-dion01 残念ながら、今日のイタリアGPでミハエル・シューマッハのシリーズチャンピオンが絶望となった。5年間守り続けたチャンピオンの座はアロンソかライコネンへ。。。
セナ事故死後から、私はシューマッハが好きである。間違いなく歴史上最強のドライバーだ。(歴史上最速はセナ!)

「あいつイイ奴じゃん!」
生まれて初めてF1を生で観た時、当時22歳のミハエルはチームの後かたづけを手伝っていた!彼が初めて表彰台に上がった1992メキシコGPのことである。単純にイイ奴だと思った。

「粋だ!」
94年、95年と2年連続でチャンピオンとなる。その後、当時弱小チームだったフェラーリに移籍。粋に感じた。
さすがのシューマッハもフェラーリをチャンピオンにするまでは5年の歳月を要した。

「首とあごが長い。」
よって、セリーヌ・ディオンに似ていると個人的にかねがね思っている。

来年もフェラーリで走る。また96年の時のようなチャレンジャーである。きっとおもしろくしてくれる。そして必ずもう一花二花咲かしてくれるはずだ。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

宝塚雪組『霧のミラノ』『ワンダーランド』

yuki_asami04 最初に。K.h.mama様、この度もありがとうございました。ダンスの雪組、楽しんできました!

体調不良などいつものことだが、珍しく会社を出る間際にドタバタしてしまい、有楽町に着くまでにやたらと汗をかいた。で、劇場が暑かった!気のせいかと思ったが、わりとあちらこちらから“暑いコール”が・・・!しかし、そんな中、ひざ掛けご使用の淑女もいる。女性を冷やすわけにはいかない。でも、私は疲れたゾ。休憩時間、(あり得ないことだが)お腹が空かず、おやつに手がでなかった。

『霧のミラノ』
作/柴田 侑宏 演出/中村 曉

左隣の席はこの道?十年のベテラン二人組、後ろは私より10歳は若い二人組。

1850年代後半のオーストリア支配下にある北イタリア・ミラノでのお話。
ロレンツォ・クローチェ(朝海)はミラノ市職員を表の顔として、イタリア独立のレジスタンス運動を裏では指導していた。偶然出会ったオーストリア軍の情報将校カールハインツ・ベルガーとは奇妙な共感を覚える。カールハインツはロレンツォを「豊かな男の顔」と評し、ロレンツォはカールハインツを「優雅な男の顔」と評す。敵味方を超え、二人は心を通い始める。
やがて、カールハインツはロレンツォを逮捕するのであるが、その人となりを惜しみ、わざと逃してしまう。しかし、後にイタリア独立運動が盛り上がるにつれ、カールハインツには悔恨の一事となった。
ミラノが解放され、ロレンツォは愛するフレンチェスかの元へ。しかし、そこに一発に銃声。カールハインツによるものだった。。。情報将校としてのけりをつけたのだ。

ストーリーはわかりやすくおもしろかった。舞台にどんどん引き込まれていった。ただ、終盤、射殺オチが見えてしまった。先を予想させる余裕もないくらいに話が展開していったのに、最後の最後で、展開が見えてしまい、惜しかった。

第一幕終了後、左隣の諸先輩、
「私はこれ、脚本はすごくいいと思うの。」
「そうよね。」
「柴田の本はいいのよ。問題は演出!中村はいつもこうなんだから!」
暗転多過ぎよね。」

脚本が良い、とは私も思った。ただ、私は演出の善し悪しがわかるレベルではない。終盤に展開が見えてしまった演出が安易(確かに暗転多用)だったということか。
ベテランファンは厳しいなぁ、と思いつつ、後方の二人の会話を聞く。

「私、ずっと水(夏希)さんの顔みてたぁ(^o^)」
「話、わかったぁ?」
微妙。今日は顔見ることに集中(※彼女は2回見るらしい)。」

この程度のストーリーで微妙というのもなんとも情けない感じもするが、ヅカファンも千差万別ってことか。。。

ロレンツォの豊かな男の顔。これは如何に地に足の着いた落ち着きのある朝海ひかるでも少し厳しかったかもしれない。もっとも男の俳優でもこんな顔を表現できる役者はすぐには思いつかないが。。。

『ワンダーランド』

ショーはいつも楽しい。雪組はダンス。朝海ひかる、貴城けい、水夏希のスリートップが格好いい上、娘役も元気。娘役の音量が大きい。
美穂圭子さんが歌うと、倍音ギンギンに響いてきて、身体が震えた。圧倒的歌唱力には感動してしまう。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »