【3回目】『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

なんと結局3回観てしまった!

そして、今日はK.h.mama&k.h.王妃とも一緒であった!K.h.王妃、一歳にしてベルばらを観る!末恐ろしや!しかし、アンドレとオスカルの今宵一夜のシーンで一時退場も、フィナーレで復活。いつか本当の大階段を駆け下りる日が来るかも(^_-)-☆

やっぱり、白羽ゆりのマリー・アントワネットが良い!
どこかの段階で、彼女にアントワネットを任せられる、という判断もしくは賭けがあったはずである。

さようなら、ベルサイユ!

さようなら、パリ!

さようなら、フランス!

断頭台に上るシーン。ドレスの裾をたくし上げ、悠然と断頭台へ向かう。フランス王妃最期の誇り。
Hasegawa_k これは、初演で演出を担当した長谷川一夫が、歌舞伎の型(かた)を注入した名シーンである。
歌舞伎には感情のひとつひとつを表現する型があるらしい。後ろ向きで階段を上ることで、この世への断ち切れない未練を表現し、その後、悠然と振り返り、断頭台をすっと見上げ、誇り高く階段を上る。
型通りやれば誰でもうまくいくというわけではないだろう。演技者に一定の力量が必要なはずだ。

バスティーユの戦闘シーン。
昨年放送のプロジェクトXを見てから、演出家の植田紳爾の苦労を知り、サラリーマン的な感動を覚えてしまう。
客席を敵と見立て、戦闘をする。もし、これが全員男だったら、威圧感だけだろう。
美しく、迫力がある。宝塚にしかできないシーン。

「オスカル編」も楽しみだ。

| | Comments (170) | TrackBack (0)

【2回目】『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

宝塚歌劇星組公演 マリー・アントワネット生誕250周年記念
三井住友VIZAシアター
『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
(やっぱり、長い。。。。。)

K.h.mama、今回も良い席をありがとう\(^o^)/

初めて、同一公演を2回観た!ベルばらは、ほぼ古典と言っていい作品だし、ストーリーもほぼ熟知しているつもりだが、2回目の方が断然おもしろい!
いろいろ要因はあろう。公演そのものが熟成されて完成度が上がっているだろうし、観る側もいろいろと準備ができ、余裕を持って観ることができる。

Mariea ヅカ関係の雑誌やブログは一切読まないから、一般の評判はわからないが、白羽ゆりのマリー・アントワネットがとても良かったと思っている。マリー・アントワネットはかなりの力量がないと絶対に務まらない。なんと言っても実在した人物だし、この物語の軸である。フェルゼンを主役たらしめるには、アントワネットが魅力的でなければ。
声が良い。誇り高く気品のある声。
そして、後半にいくにつれ、確実に成長し、最期は慈しみに満ちたすばらしい人間になって処刑台へ向かう。
宝塚に限らず他の作品でも、最期は好意的に描かれている。史実はわからないが、後世の民衆がそうあって欲しいと願っているのは間違いない。
そう感じさせてくれた。

Oscar_f 安蘭けいの歌はやっぱりイイ(^o^)
今日のアドリブは「あー蘭か。」だった。

♪白きばらひとつ 清らかに咲く
♪静かに白くつつましく 香り咲く
♪誰が姿の面影か 密かに耐える 白き薔薇
♪清らな人の姿にも似て 白き香りの薔薇ひとつ
♪Ah ベルサイユにばらが咲く
(♪ばらベールサイユー ばらベールサイユー・・・・・)

・・・・・・・歌いたい。DAMに入ってないかなぁ。鉄人ならあるだろうか。

何より、今回は体調もよかったせいか、とっても楽しめた。火曜日でまだ疲れもなく、仕事からのモード切替もうまくいった。

オスカル編も期待したい。

| | Comments (112) | TrackBack (0)

《愛・地球博》記念市民合唱団

備忘的記録。

《愛・地球博》記念市民合唱団

本田美奈子の「つばさ」を歌う。

指揮はこの曲の作曲者:太田美知彦

2006年3月25日(土) 名古屋

| | Comments (9) | TrackBack (0)

錦織健 テノール・リサイタル

nishikiori_ken 「ヴォーカル自慢!! 超シンプルにハープと歌でバロックからロックまで」

長い間、ずっと観たい観たいと思っていた錦織健のリサイタル。WBC(日韓戦)は気になりつつも、一路初台の東京オペラシティへ。相変わらず入り組んだ造りである。
めずらしく、開場の15分程前に着いたのだが、既にそこは近未来の我が国。年齢層が高い。私など若造である。主力は40~50代の女性か。お年寄りの方も沢山いらしていた。

開演音(?)が鳴り、錦織健登場。極めてにこやかに四方(ステージの後ろにも席があるので)に挨拶。

マイクは使わない。完全に生歌である。

マイクを使うと当然スピーカーから音が出る。それでも、家でCDを聴くのとは全然違うから、我々はライブやコンサートやリサイタルに行く。
それが、本当の生声である。肉声ダイレクト。機械を全く通さずに、我が耳に入ってくる。
ヘンデルを数曲歌った後、MC。

テレビの音楽番組、バラエティ番組に錦織健はけっこう出演する。一度はガンダムの特番にも出てた。それでベシャリもかなりいけることは知っていたが、ステージではよりトークの自由度が増すようだ。正直、並の芸人よりよっぽどおもしろい。オペラ歌手でこれだけ笑いを取れる人はいまい。そもそも彼以外は笑いを取ろうとはしないだろうけど。。。
この日の主要ネタは当然、ぴったりのWBC日韓戦。「特別な日に皆さんようこそいらっしゃいました!」「皆さん家で野球を見て、会場には誰もいないかと思いました。」「オペラ界のデービットソン、錦織健です。」等々立て板に水トーク炸裂。

そして、第二部では、ナント、

王監督のユニフォームのレプリカを着て登場!

観客席に降り、ギターの弾き語りでカンツォーネを熱唱!

そしてその衣装のままアンコールまで歌いきってしまった!!!
エンターテイナーかくあるべし。
(※観客の中には錦織健経由で日本の勝利を知った人が大勢いました。)

正直、オペラの歌曲はあまり詳しくない。馴染みのない曲を聴くのは存外辛いものだが、「生」なら十分に聴き入ることができる。

『さとうきび畑』
プログラムに、私が生まれた年に森山良子がレコーディングとあった。
早速、カラオケで歌ってみた。長かった。。。。。。。でも、こういう歌は無理してでも歌うべきだ。

『君と旅立とう』
Con te Partiro=Time to say good-byeである。男性のソロは初めて聴いた。

そして、
『伝説のチャンピオン』
クイーンである。錦織健は大のフレディ好きだが、リサイタルで歌ってしまうとは。当然、王監督のレプリカを着てである。オペラ歌手がである。
さらに、アンコールで、
Don't stop me now.。Tonight~と歌い出した時、一生、カラオケで歌おうと思った。。。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

唐澤まゆこ ソプラノ・リサイタル

karasawa_mayuko4東京文化会館小ホールは大好きなホールなので、何の気なしに、チケットを買ってしまう。今までのところ、損はなし。

予備知識ゼロで臨む。

唐澤まゆこ登場。

あら、チラシと顔が違う???前から10列目だったので、かなりはっきり見えたはずだが、やっぱり違う。
karasawa_mayuko2 後から、ネットで、ジャケ写やサイトの画像を確認してみたが、どーも今回のチラシだけが違う感じだった。まあ、そんなことはどうでもよい。ステージでの彼女は美しかったし、基本的に歌うには良い顔だ。頬骨が出ていて、声が響きそうである。

karasawa_mayuko 歌声は落ち着いて深みのある、ような気がしたが、声質云々という話は私のレベルではわからない。チラシには「瑞々しく深々とした歌声」とあったから、あながちはずれではないだろう。
karasawa_mayuko3 曲目はフランス歌曲と日本歌曲。
フランス歌曲の方は知らない歌ばかり。他の歌手をみてもそう思うのだが、原語の方が歌いやすそうである。しかし、日本語の歌の方が耳に残る。

ピアノ演奏を務めた村松崇継が、とても初々しく、観客の好感度が高かった。
彼はNHKドラマ「氷壁」の音楽を担当していて、アンコールがそのテーマ曲である「彼方の光」であった。大喝采だった。

この日も体調がイマイチで楽しみきれなかった。もっと普段から元気にしておかないと。。。反省。

| | Comments (45) | TrackBack (0)

『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

berubara_hoshi01 宝塚歌劇星組公演 マリー・アントワネット生誕250周年記念
三井住友VIZAシアター
『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
(・・・・・フルに書くと長いな。。。)

Thanks to K.h.mama.

今年1回目の宝塚観劇。ベルばらである。

銀河英雄伝説の主役がラインハルトであるのと同様に、ベルばらの主役はマリー・アントワネットである。だから、どちらもその死をもって物語が終わる。
しかし、宝塚のベルばらでマリー・アントワネットが主役であることはあり得ない。女だからである。無論、10年ほど前、一路真輝がスカーレット・オハラを演じたこともあるし、例外はある。しかし、女性しかいない劇団なのに主役は原則「男」でなくてはならない。
よって、ベルばらの場合はアンドレやフェルゼンが主役になる。※オスカルは現段階では省く。オスカルに触れると非常にややこしくなるので。オスカルは来月の「オスカル編」の時に。

アンドレやフェルゼンが全面に出ると、当然テーマは「身を引く愛」となる。フェルゼンはマリー・アントワネットが好きで、オスカルはフェルゼンが好きで、アンドレはオスカルが好きで、ロザリーはオスカルが好きで、ジェローデルはオスカルが好きで・・・。でも、皆が皆、もどかしいくらいに相手の幸せを思い身を引くのである。まさに夢物語。

夢物語への誘いは群舞である。
最近は、冒頭の群舞を観るだけで、かなり満足してしまう。
さらに、♪愛それは~である。なぜか2番の「悲しく せつなく 苦しく はかなく」がいきなりくる。
演出上の意図だろうが、2回目に観る時、考えることにする。

フェルゼンが主役だから、構成がだいぶ違う。たとえば、アンドレが失明していくことは明確に描かれていない。
まあ、どうせ、ほとんどの観客はストーリーを熟知しているのだろうから、シーン間のつながり等は些細なことかもしれない。しかし、前提知識ゼロの人が観て、腑に落ちるのだろうか。私の隣の女性二人組はビックリするくらいストーリーをご存知なかったが。

・アントワネットの成長ぶりがよく出ていた。彼女は最後は成熟した女性となる。

・安蘭けいのオスカルは、淡泊なセリフ回しに思えたが、「おまえが耐えた苦しみなら私も耐えて見せよう。」というお馴染みの台詞に思わず感動した。

次に何がくるのか、だいたいわかっているのに、

ほとんど細部までわかっているのに、

これほど観てみたいと思うものはない。

楽しいし、おもしろいし、感動する。

ただ、もうちょっと体調整えてから、観に行かないと。

それから、オスカルに向かって、

「男か女か、おっ、とーこか!」

は、如何なものか。個人的には、こんなん大好きですが。。。とーこさんのキャラに合ってるし。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

『オペラ座の怪人』新記録!

大好きなミュージカルだから一応触れておく。
単なる時間の問題だったが、『キャッツ』を抜き、ブロードウェイの最多公演記録を更新した。

良い音楽にベタベタなストーリー。奇をてらわないミュージカルの王道。

まっ、過去に2回(映画編劇団四季編)書いてますので、今回はこれで終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SLAVA Xmas Concert 2005

SLAVA シェークスピアの「言葉、言葉、言葉。」ロシア語では「スラヴァ、スラヴァ、スラヴァ。」。

スラヴァ(SLAVA)という名前を聞くとき、このことを思い出す。
(※スラヴァ=слова。字面だと「スロヴァ」だが、アクセントのないоは曖昧になる。)

初台にある東京オペラシティコンサートホール。四角錐の吹き抜け。木目調の館内。広い足下。意図的かどうかはわからないが携帯は圏外である。
アンプラグド。ピアノに弦が入る。

スラヴァはカウンターテナーである。昨今は男性ソプラノなどというカテゴリーもあるくらいだし、ジャンルやプロ・アマ、玄人・素人を問わず、男声全体が高音化してきているが、10年前、彼が日本デビューした時はとても新鮮に感じた。

それでも、今だって、カウンターテナーなんてものは、簡単には存在しない。日本では「もののけ姫」の米良美一が最も有名だと思うが、米良よりも軽やかでフワフワしている感じがする。なにより、声が優しい。「ここは宝塚か!」とツッコミたくなるくらい、客のほとんどが女性だったが、間違いなくこの優しい声に惹かれてのことだろう。

前半はクラシック曲。後半は、タキシードから少しラフなジャケットに着替え、ガーシュインや映画音楽を歌唱(どんなに間違っても熱唱ではない)。
アンコールは4回。「きよしこの夜」は全員で大合唱。無論、キーが高すぎて私は歌えなかったが。(しかし、みんなよく歌詞、覚えているよなぁ・・・)

サービス精神旺盛、茶目っ気たっぷりの気さくな人であった。

私が一番感動したのはカッチーニの「アヴェ・マリア」。理由はここ1~2年、とてもよく聴いていたから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊奈かっぺい コンサートーク2005「あばらか別件」

abaraka 私のネタへの影響度は、タモリ:60%、伊奈かっぺい:20%、その他:20%といったところである。

かっぺい氏は全国放送のテレビにはあまり出ないので、知る人ぞ知る存在かもしれない。
東北・北海道では根強い人気がある。いろいろな活動をしているが、基本は青森の民放に勤めるサラリーマンである。

場所は浜松町を降りて少し歩く芝メルパルクホール。収容人員1,500人余、ほぼ満席であった。で、年齢層が高い。すごーく高い。さすが、高齢化社会の我が国。なんとなく会場に平目の臭いが漂う。(誰かツッコンでぇ~)

津軽弁に反応する客がかなりいた。北海道弁にも少々。

まさにネタばれになるから、ネタは書かない、っつーか覚えちゃいないのだが、かっぺい氏のネタは何かの拍子にスーッと頭をよぎる感じである。

まっ、広辞苑はもっと読むこととしよう。そのためにも、新しい電子辞書、さっさと買わないと。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

宝塚雪組『霧のミラノ』『ワンダーランド』

yuki_asami04 最初に。K.h.mama様、この度もありがとうございました。ダンスの雪組、楽しんできました!

体調不良などいつものことだが、珍しく会社を出る間際にドタバタしてしまい、有楽町に着くまでにやたらと汗をかいた。で、劇場が暑かった!気のせいかと思ったが、わりとあちらこちらから“暑いコール”が・・・!しかし、そんな中、ひざ掛けご使用の淑女もいる。女性を冷やすわけにはいかない。でも、私は疲れたゾ。休憩時間、(あり得ないことだが)お腹が空かず、おやつに手がでなかった。

『霧のミラノ』
作/柴田 侑宏 演出/中村 曉

左隣の席はこの道?十年のベテラン二人組、後ろは私より10歳は若い二人組。

1850年代後半のオーストリア支配下にある北イタリア・ミラノでのお話。
ロレンツォ・クローチェ(朝海)はミラノ市職員を表の顔として、イタリア独立のレジスタンス運動を裏では指導していた。偶然出会ったオーストリア軍の情報将校カールハインツ・ベルガーとは奇妙な共感を覚える。カールハインツはロレンツォを「豊かな男の顔」と評し、ロレンツォはカールハインツを「優雅な男の顔」と評す。敵味方を超え、二人は心を通い始める。
やがて、カールハインツはロレンツォを逮捕するのであるが、その人となりを惜しみ、わざと逃してしまう。しかし、後にイタリア独立運動が盛り上がるにつれ、カールハインツには悔恨の一事となった。
ミラノが解放され、ロレンツォは愛するフレンチェスかの元へ。しかし、そこに一発に銃声。カールハインツによるものだった。。。情報将校としてのけりをつけたのだ。

ストーリーはわかりやすくおもしろかった。舞台にどんどん引き込まれていった。ただ、終盤、射殺オチが見えてしまった。先を予想させる余裕もないくらいに話が展開していったのに、最後の最後で、展開が見えてしまい、惜しかった。

第一幕終了後、左隣の諸先輩、
「私はこれ、脚本はすごくいいと思うの。」
「そうよね。」
「柴田の本はいいのよ。問題は演出!中村はいつもこうなんだから!」
暗転多過ぎよね。」

脚本が良い、とは私も思った。ただ、私は演出の善し悪しがわかるレベルではない。終盤に展開が見えてしまった演出が安易(確かに暗転多用)だったということか。
ベテランファンは厳しいなぁ、と思いつつ、後方の二人の会話を聞く。

「私、ずっと水(夏希)さんの顔みてたぁ(^o^)」
「話、わかったぁ?」
微妙。今日は顔見ることに集中(※彼女は2回見るらしい)。」

この程度のストーリーで微妙というのもなんとも情けない感じもするが、ヅカファンも千差万別ってことか。。。

ロレンツォの豊かな男の顔。これは如何に地に足の着いた落ち着きのある朝海ひかるでも少し厳しかったかもしれない。もっとも男の俳優でもこんな顔を表現できる役者はすぐには思いつかないが。。。

『ワンダーランド』

ショーはいつも楽しい。雪組はダンス。朝海ひかる、貴城けい、水夏希のスリートップが格好いい上、娘役も元気。娘役の音量が大きい。
美穂圭子さんが歌うと、倍音ギンギンに響いてきて、身体が震えた。圧倒的歌唱力には感動してしまう。

| | Comments (21) | TrackBack (0)