「命をあげよう」「つばさ」

どーも、エンジンのかかりが悪くて(カラオケのことだが)、開始90分ほど経って声が出るようになる。
喉のどの辺りに音を響かせばいいのか、探り探り歌い始め、「今日はこの辺かな」と妥協ポイントを見いだす。
だいたい日によって歌い方が違うなど如何なものか・・・。

本田美奈子.追悼番組の影響だろうか、ミュージカル曲(「ミス・サイゴン」)である「命をあげよう」がDAMで標準装備となったようだ。喜ばしい。ナントナク歌えるようにはなってきた。

つばさ」。ロングトーンはいける。元々肺活量は無駄にあるので息は長い。しかし、一定の音程、一定の出力を保って、伸びやかに広がりをもって声を出し続けるのは難しい。たいがい自分が思っている以上に酷いものだ凸(~~#)

が、いつか私のそれなりに完成されたロングトーンビームを浴びるがよい!

どちらにも共通して悩ましいのは、詞の語尾が女言葉(「~のよ。」「~だわ」)であること。少し気になるが、そのうち慣れるな・・・。これまでも高橋真梨子、中島みゆき、岩崎宏美等々をがなってきたことだし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

勇気を持って1音下げる!

今日が今年の歌会始である。

今年は勇気を持って1音(半音で済めば半音)下げて歌います!

女声の歌でも、例えば、越路ブリザード『愛の賛歌』、美空ひばり『川の流れのように』、中島みゆき『地上の星』、AI『Story』等々はこれまで、原キーで歌ってきたのだが、今年からは下げます!ナンカ音下げるのって妙な敗北感があって嫌だったのだが、下げます。

ビデオを見ていよいよ反省。音が全く上がりきってない!

ひどすぎ(>_<)

だから、今年は下げて歌います。

やっぱり、トレーニングしないとダメダメだぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懐かしの居酒屋

kinomi いい感じの店構えでしょ(^_-)-☆ 最近、こういうお店(昭和のにおいのするお店)が好きであることを自覚しつつある。

学生の頃、学校の最寄りではなかったので、通い詰めたというわけではないのだが、サークルの大会や作業の後、それからここは北海道厚生年金会館に近いので、コンサートを観た後に、ちょくちょく行っていた。自分たちのサークルの大会のスポンサーになってもらったこともある。ワタクシは基本的にスポンサーには義理堅かった。 nikomi

卒業後、1~2回行ったことはあったが、それも7~8年前だったので、本当に久々であった。変わらぬ内装、煙い店内、アルバイトの女学生(あえて「女子大生」とは言いたくない)・・・。いや、セットメニューができていたり、串のサガリがなかったり、まあ、10数年も経つのだから、変化がない方がおかしい。

で、お目当てのメニューは2つである。すなわち、ぎ ょ う ざ と 煮 込 み。何はさておき、この2つを注文し、(なぜか)許可を得て、箸を付け、ほおばり、咀嚼し、飲み込み-----満 足 し た\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ。気が抜けるほどの達成感。味は守られていた。

gyouza ぎょうざも煮込みもことさら特別な素材を使っているとも思えないのだが、うまいのである。自分の好みとも合っているのだろう。そして、ノスタルジア。脳内にいろいろ素敵な成分が分泌され、上機嫌であった。

その勢い(だと思うが)で、カラオケにて、6割5分ほどの力(現状での全力)で未完のChooChooTRAINを踊る。沈み込むフリの時は膝にクる。膝だ、脚力だ、筋力だ。瞬発力はわりとイメージどおりなんだが・・・。帰宅後、バンテリンのお世話に(>_<)

ChooChooTRAINに関してはいつか機会をみて熱く語ることにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花見(しちまったなぁ、オメー)

oke0409

品川区某所で花見。写真もたくさん撮ったので、いずれ使うかも。

で、最後は目黒駅近辺で久々にオケ。前日、タモリ倶楽部で「目黒駅は品川区にある」「品川駅は港区にある」と言っていたことを思い出しつつ、4月最初のオケということもあり、前半から飛ばしまくった。その中で始まったのが、「イカしばり」。友人が八代亜紀の舟唄を、
♪お酒はぬるめのイカでいい
♪肴は炙ったイカでいい
♪女は無口なイカでいい
♪明かりはぼんやりイカでいい
、と歌ったことで始まってしまった!
その後、
「さくら(独唱)」の「♪さくら ♪さくら」を「イ カ!  イ カ!」と絶唱!
「もう子供でも鳥でもないから」→「もう子供でもイカでもなイカら」と駄洒落で攻めれば、
極めつけは杉田かおる「鳥の歌」→「イカの歌」
イカは漢字で書くと烏賊だから、鳥は烏賊に置き換えやすい。
烏賊烏賊烏賊たちよ 烏賊よ 烏賊よ 烏賊の歌
只今、ワタクシは鳥という字を見ると、それだけでツボにくる。

当然のことだが、こんなたわいも無いアソビはその場にいた人間だけがおもしろい。

この1ヶ月はカラオケをすることも忘れ、かなりマジメに「うつ状態」の原因を考えていた。考えてわかるものでもないだろうけど、何も手を打たないでいると、きっとこの先、確実に虚しさだけを積み重ねることになるだろうから。
(ただ、余計に有休を消費するのはよくないよなぁ。。。負けそうなときにナントカ引き分けにもっていく工夫を。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ボタン付けと掃除

♪君にできることは ボタン付けと掃除

ボタンの取れた衣類はたまってきたし、賃貸の延長も決まったから、部屋片づけないとっ、つーか、捨てなさい!売れるものは売りなさい!せめてBOOK・OFFさんを呼べるくらいにしなさい!片づける者は幸いです。
それと、蛍光灯。

なんて実務的な週末。

ちなみにワタクシ、布施明「積木の部屋」布施明同じキー熱唱します。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

明日は健康診断

kenshin前日はアルコール厳禁。午後9時以降は食事もしてはいけない。
よって、午後9時まで、焼 き 肉 屋 で バ カ 食 い を決行した。
タン、ミノ、ロース、カルビ等々の他に、いつものセンマイ刺し、チャンジャに加え、チヂミにサンゲタン、冷麺、と。時計を見ながら、ガンガン食べた。
一緒にいた友人は医師。いろいろ話しているうちに、すっかり不安が解消されたせいもある。不安というのは常用している抑うつ剤や睡眠剤を飲んでいいかどうか、等々。とにかく、「普段どおりにしているのがよい」という彼の言葉にとても納得がいった。
大腸バリウムなんてものもあるらしい。ワタクシはバリウムは苦手ではないが、これは辛そうだ。アナルは基本的に一方通行なのだから、苦しいに決まっている。

カラオケは久々に カ メ ラ 無 し って普段どんなオケやってんだぁ、と自分でツッコンでおく。「ファンタスティポ」を歌うが、×。
信じがたいことに、2月最初のオケである。歌わな過ぎ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

♪ふぁーんたーすてぃーぽーーー

fan今の事務所の入り口には、リハーサル室にあるような巨大な鏡がある。誰もいないことを確かめて「ワンポーズ取ってはける」のを日頃の密かな楽しみにしているのだが、またやるべきことが増えそうだ。
「ファンタスティポ」
ねぃやんに何とはなしに勧められ、どれどれ(..)とPVを見てみたら、おぉー!トラボルタ!!!太一君がロジャーラビットやってる!何!初回特典振付DVDだと!!!ワタクシ「振り」という言葉にとてもとても弱い
で、もう入手しました、DVD。それに、切り出しました「うたばん」と「Mステ」出演時のトラジ・ハイジ。
なぜか剛君パートをやろうとしております。理想は、剛君パートでサビはハモリに回る。完璧だ。できないと思うけど。。。

しかし待て。今年は長年の悲願である「ChooChooTRAIN」の習得を第一としている。「深呼吸して」にも心惹かれているし、ピンクレディーの振り付けを中途半端に覚えていることにずーっとコンプレックスを持っている。「抱きしめてTONIGHT」も覚え直したいし、先般「君だけに」のフリカラを入手したし、同じ少年隊の「仮面舞踏会」もナントカしたい。これに「ファンタスティポ」が加わると。。。

いったい何を考えて生きているのか?

「いろんなこと。」

| | Comments (334) | TrackBack (1)

超久々にデュエット

カラオケがこーんなに好きなのにデュエットというものをしない
【理由1】
男パートがハモり、または歌う箇所そのものが少ない。
【理由2】
地声が大鶴義丹系の高音なので、必然的に歌声も高い(クリスタルキング並み)。デュエットの男パートは基本的に低音。
【理由3】
単に自分の歌を邪魔されたくない。

、のだが、先日、意を決して15年ぶりくらいに、ある素敵な女性にお相手いただいた。
(※ちなみに15年前に歌ったのは小川知子&谷村新司の合法的痴漢曲『忘れていいの』)
今回は『居酒屋』。やはり、低音で、お経を唱えているような気分だったが、後で見てみる(録画していた)と、おぉー、意外にいい!イケてる。あんまり張らずに低音で抑え気味の方がいいかも。。。これは使える。目下、自画自賛中である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BIG ECHOのポイントカード

最初に言っておくと、歌うことが大好きである。すなわち、カラオケが大好きである。よってBIG ECHOが大好きである。
2日前、BIG ECHOの某店に行った際、会計時にポイントカードをもらい忘れた。先方が返し忘れたというべきかもしれないが、ヨドバシカメラの次くらいに大事にしているポイントカードだし、ベテランカラオケ愛好者として、あえて「もらい忘れた」と言いたい。
退店して2時間くらい経った後気づいたので、電話して確かめてみると、お店にあるとのこと。翌日午後に取りに行くことを告げ、実際、翌日、行ったら、あらら、ない。店員がいくら探してもない。「昨日、○○店長に電話で確認しているんですが・・・」と言うと、なおさら懸命に探す。でも、ない。アルバイトらしき店員は恐縮しまくりであったが、ない
とにかく、ないものはないし、その日、午前中に良いことがあったせいか、不機嫌になることもなく-というより、ええ格好しいなので寛容さを見せたいだけ-、後で連絡をもらうことして、その場は去った。
後刻、店長さん自らが電話してきた。電話越しだが平身低頭であった。「明日の夕方取りに行ってもいいですか。」「お客様に何かのついでがありましたら・・・」「ええ、ちょうどついでがあるんです。」
今日、夕方、お店まで取りに行く。近くまで別件があったから、本当に「ついで」だったのだが、今思えばクレームをつけにわざわざ来るとでも、思っていたのかもしれない。店員二人はものすごい笑顔であった。プラス、30%の特別割引券(店長さんのお名刺)。
わざわざ取りに行ったのは、いつ使うかわからないから、原則として肌身離さず持っていたかっただけなのに、なんか悪いことしたなぁ。。。

(いつにも増してダメ文章)

| | Comments (0) | TrackBack (0)