【3回目】『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

なんと結局3回観てしまった!

そして、今日はK.h.mama&k.h.王妃とも一緒であった!K.h.王妃、一歳にしてベルばらを観る!末恐ろしや!しかし、アンドレとオスカルの今宵一夜のシーンで一時退場も、フィナーレで復活。いつか本当の大階段を駆け下りる日が来るかも(^_-)-☆

やっぱり、白羽ゆりのマリー・アントワネットが良い!
どこかの段階で、彼女にアントワネットを任せられる、という判断もしくは賭けがあったはずである。

さようなら、ベルサイユ!

さようなら、パリ!

さようなら、フランス!

断頭台に上るシーン。ドレスの裾をたくし上げ、悠然と断頭台へ向かう。フランス王妃最期の誇り。
Hasegawa_k これは、初演で演出を担当した長谷川一夫が、歌舞伎の型(かた)を注入した名シーンである。
歌舞伎には感情のひとつひとつを表現する型があるらしい。後ろ向きで階段を上ることで、この世への断ち切れない未練を表現し、その後、悠然と振り返り、断頭台をすっと見上げ、誇り高く階段を上る。
型通りやれば誰でもうまくいくというわけではないだろう。演技者に一定の力量が必要なはずだ。

バスティーユの戦闘シーン。
昨年放送のプロジェクトXを見てから、演出家の植田紳爾の苦労を知り、サラリーマン的な感動を覚えてしまう。
客席を敵と見立て、戦闘をする。もし、これが全員男だったら、威圧感だけだろう。
美しく、迫力がある。宝塚にしかできないシーン。

「オスカル編」も楽しみだ。

| | Comments (170) | TrackBack (0)

【2回目】『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

宝塚歌劇星組公演 マリー・アントワネット生誕250周年記念
三井住友VIZAシアター
『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
(やっぱり、長い。。。。。)

K.h.mama、今回も良い席をありがとう\(^o^)/

初めて、同一公演を2回観た!ベルばらは、ほぼ古典と言っていい作品だし、ストーリーもほぼ熟知しているつもりだが、2回目の方が断然おもしろい!
いろいろ要因はあろう。公演そのものが熟成されて完成度が上がっているだろうし、観る側もいろいろと準備ができ、余裕を持って観ることができる。

Mariea ヅカ関係の雑誌やブログは一切読まないから、一般の評判はわからないが、白羽ゆりのマリー・アントワネットがとても良かったと思っている。マリー・アントワネットはかなりの力量がないと絶対に務まらない。なんと言っても実在した人物だし、この物語の軸である。フェルゼンを主役たらしめるには、アントワネットが魅力的でなければ。
声が良い。誇り高く気品のある声。
そして、後半にいくにつれ、確実に成長し、最期は慈しみに満ちたすばらしい人間になって処刑台へ向かう。
宝塚に限らず他の作品でも、最期は好意的に描かれている。史実はわからないが、後世の民衆がそうあって欲しいと願っているのは間違いない。
そう感じさせてくれた。

Oscar_f 安蘭けいの歌はやっぱりイイ(^o^)
今日のアドリブは「あー蘭か。」だった。

♪白きばらひとつ 清らかに咲く
♪静かに白くつつましく 香り咲く
♪誰が姿の面影か 密かに耐える 白き薔薇
♪清らな人の姿にも似て 白き香りの薔薇ひとつ
♪Ah ベルサイユにばらが咲く
(♪ばらベールサイユー ばらベールサイユー・・・・・)

・・・・・・・歌いたい。DAMに入ってないかなぁ。鉄人ならあるだろうか。

何より、今回は体調もよかったせいか、とっても楽しめた。火曜日でまだ疲れもなく、仕事からのモード切替もうまくいった。

オスカル編も期待したい。

| | Comments (112) | TrackBack (0)

『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

berubara_hoshi01 宝塚歌劇星組公演 マリー・アントワネット生誕250周年記念
三井住友VIZAシアター
『ベルサイユのばら』-フェルゼンとマリー・アントワネット編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
(・・・・・フルに書くと長いな。。。)

Thanks to K.h.mama.

今年1回目の宝塚観劇。ベルばらである。

銀河英雄伝説の主役がラインハルトであるのと同様に、ベルばらの主役はマリー・アントワネットである。だから、どちらもその死をもって物語が終わる。
しかし、宝塚のベルばらでマリー・アントワネットが主役であることはあり得ない。女だからである。無論、10年ほど前、一路真輝がスカーレット・オハラを演じたこともあるし、例外はある。しかし、女性しかいない劇団なのに主役は原則「男」でなくてはならない。
よって、ベルばらの場合はアンドレやフェルゼンが主役になる。※オスカルは現段階では省く。オスカルに触れると非常にややこしくなるので。オスカルは来月の「オスカル編」の時に。

アンドレやフェルゼンが全面に出ると、当然テーマは「身を引く愛」となる。フェルゼンはマリー・アントワネットが好きで、オスカルはフェルゼンが好きで、アンドレはオスカルが好きで、ロザリーはオスカルが好きで、ジェローデルはオスカルが好きで・・・。でも、皆が皆、もどかしいくらいに相手の幸せを思い身を引くのである。まさに夢物語。

夢物語への誘いは群舞である。
最近は、冒頭の群舞を観るだけで、かなり満足してしまう。
さらに、♪愛それは~である。なぜか2番の「悲しく せつなく 苦しく はかなく」がいきなりくる。
演出上の意図だろうが、2回目に観る時、考えることにする。

フェルゼンが主役だから、構成がだいぶ違う。たとえば、アンドレが失明していくことは明確に描かれていない。
まあ、どうせ、ほとんどの観客はストーリーを熟知しているのだろうから、シーン間のつながり等は些細なことかもしれない。しかし、前提知識ゼロの人が観て、腑に落ちるのだろうか。私の隣の女性二人組はビックリするくらいストーリーをご存知なかったが。

・アントワネットの成長ぶりがよく出ていた。彼女は最後は成熟した女性となる。

・安蘭けいのオスカルは、淡泊なセリフ回しに思えたが、「おまえが耐えた苦しみなら私も耐えて見せよう。」というお馴染みの台詞に思わず感動した。

次に何がくるのか、だいたいわかっているのに、

ほとんど細部までわかっているのに、

これほど観てみたいと思うものはない。

楽しいし、おもしろいし、感動する。

ただ、もうちょっと体調整えてから、観に行かないと。

それから、オスカルに向かって、

「男か女か、おっ、とーこか!」

は、如何なものか。個人的には、こんなん大好きですが。。。とーこさんのキャラに合ってるし。

| | Comments (31) | TrackBack (0)